最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

新生転生しようと思うが、中途半端なとくぎに中途半端にプラスがついていると悩むね(DQMSL日記147)

「究極」を周回しているのですが、ジェネランがまったく落ちないですね。
15周して、落ちたの1体だけ。エンペラン地獄。無駄に「まおうのたまご」が3体も落ちるし。あと、ニジゴロン地獄。道中にキンタマを出してくれ。

ところで、どうでもよい話です。
新生転生できるモンスターに、中途半端なとくぎに限って中途半端なプラスがついていると悩みますね。
そんな感じで新生転生してないものが多数あります。それだけです。
Screenshot_20160907135154
Screenshot_20160912223313
Screenshot_20160911200203
Screenshot_20160911200152_2
Screenshot_20160911200214
Screenshot_20160911200236
Screenshot_20160911200246
Screenshot_20160911200301

そういや、新生ゾーマ様強いね。星つけずに、2体運用しておりますが、なかなか。マホターンされたら終わりだけど。   
 

青崎有吾『体育館の殺人』

第22回鮎川哲也賞受賞作。
東京創元社の本ということもあり、米澤穂信のような「学生ミステリー」かと想像し、やや構えながら読んだ。ただ、予想に反して、霧舎巧の「霧舎学園シリーズ」のような軽いノリで、とても読みやすかった。

解決編などで、探偵が、ロジカルに、丁寧に説明するのは良い。
ただ、密室脱出トリックで、ある小道具が関連するが、読者からちょっと大雑把という感じがした。犯人の現場侵入時刻が「偶然」によるものという点も気になった。物語終盤になり、目撃者が登場するという流れもいただけない。

良いんだけど、なんかちょっと残念という感じ。探偵がオタクというのも、どうかなと。

鮎川哲也賞受賞作ということで、特別に光るものを感じられるかというと微妙なものはある。ただ、たしかに可能性は感じる。実際、そこそこ活躍されているようで何よりである。

体育館の殺人 (創元推理文庫) 体育館の殺人 (創元推理文庫)
青崎 有吾

東京創元社  2015-03-12
売り上げランキング : 32803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

松本清張『黒地の絵』

表題作ほか、7作を収録している。表題作の「黒地の絵」が、井上理津子『葬送の仕事師たち』で紹介されていたので、興味をもって読んだ。
久しぶりに清張作品を読んだが、収録作品のいずれも素晴らしい。
「大清張」は偉大すぎる。

黒地の絵 (新潮文庫―傑作短編集) 黒地の絵 (新潮文庫―傑作短編集)
松本 清張

新潮社  1965-10-19
売り上げランキング : 139899

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

モンストのCM

どこの代理店が作ってるのか知りませんけど、「モンスト」のCMってどれも「パズドラ」のCMよりずっと面白いし、センスあるし、刺激的ですな。

「星ドラ」のCM(ドラだち)の「爽やか売り」は、外していると思われます。ゲーム画面にナレーションをつけただけのCMでよろしいです(W

Android版リリース4周年記念イベント!!ゴッドフェス(前半・後半)結果報告(パズドラ日記192)

とうとうスタミナを使いきるのも面倒になってきました。
ただ、せっかくここまでプレイしてきたので、引退は考えていません。

ゴッドフェスですが、「もうどうでもいいや」という感じで、前半終了間際・後半終了間際に、2回ずつ引いてみました。結果は、

☆5 代行者・メタトロン ←フェス限
☆5 神龍
☆4 光の龍剣士+1
☆6 聖魔王・パイモン ←フェス限

と、いまさらの、白メタです(光チェイサー処分できて嬉しい→6体食わせて、スキルレベル1も上がらず。4倍中でゼロかよ)。
パイモンとかいうのは最近出たフェス限のようですね。十字消しキャラです。しかも☆6。強そうではあります。
Screenshot_20160917150058
あと、継承でも使いみちなさそうな被りモンスターを売却しまくりました。
Screenshot_20160917150836
Screenshot_20160917150942
モンポが50万を超えましたが、どうしましょう。
Screenshot_20160917151139

ところで、最近、進化に「神秘の仮面」を使うものが多すぎる気がします。

CM連動キャンペーン 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記146)

1ヶ月の炊き出しが終わってしまいました。
結果報告ですが、Sが2体出てますし、まあこんなもんかな、と。
20160916

武器セレクション20連(星ドラ日記14)

「毎回10連で、1枠☆5確定」ということで、20連してみました。
なんと、☆5武器が5つも出ましたよ。悪くないかと思います。
(ちなみに、グリンガムのムチが2つ出ました)
Screenshot_20160913210632
Screenshot_20160913211506

女の子ガチャ ひどすぎ(パズドラ日記191)

水ミルが出るといいな、と思いながら、なんとなく女の子ガチャを引いてみました。3回引いたのですが、3連続で銀。しかも中身は、
☆4 有明の花嫁・イザナミ
ばかり。どういう確率でしょうか。前にも2回引いて、イザナミが1体でてます。5回引いて4回イザナミです。
Screenshot_20160912004018

最近、フレンドの離脱も激しいです。いよいよ終焉という感じですね。

らいなまキャンペーン(特別ミッション報酬) 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記145)

ともだち対戦3勝するのが、めんどくさかった。
マッチングはレベル依存らしいですね。討伐中心の低コストパーティーを組んでも、相手は魔王だらけとか。当初、みがわりでマダンテとか岩石落としをぶっ放す戦法をとっていたのですが、全く勝てないので魔獣パにしたら、そこそこ安定(勝率7、8割)しました。

さて、らいなまキャンペーン(特別ミッション報酬)のふくびきの結果です。
20160911

炊き出しとパスを含めて、1日5回、ふきびきを引ける日が続きました。大当たりはないものの、毎日S転生できるモンスターが出てたので、まあ良いかな、と思ってます。

ところで、「みんぼう」ですが、ドレアムじゃないと参加しづらい雰囲気ですよね。最近、ミッション報酬すら回収してないです。ギスギスすぎる。運営なんとかしろよ。

飴村行『粘膜黙示録』

『別冊文藝春秋』に掲載された自伝的エッセイをまとめたもの。
漫画家になる夢を追い、歯科大学を中退、派遣社員として工場(多分松下系)で働く日々を、おもしろおかしくまとめている。
ただ、あまり面白くなかった。文春の編集者の感覚がわからん。文章センスはいいけどね。
大幅にキャラを変えているとはいえ、実在のモデルがいるわけだし。当人が読んだら、不快になるかと。決して大昔の話でないので、正直どうかと思いますが。
著者本人は、「底辺」から脱出し、小説家となった「成功者」ですしね。
飴村ファンこそ、読まない方が良い本ですな。

粘膜黙示録 (文春文庫) 粘膜黙示録 (文春文庫)
飴村 行

文藝春秋  2016-02-10
売り上げランキング : 74198

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

早坂吝『誰も僕を裁けない』

援交探偵上木らいちシリーズの1作。それほど長くないけど、いろんな要素が入ってる。解答編みたいなところは、早坂吝さんの小説には珍しく、動機がしっかり描かれる。
メインのトリックだが、私が勘違いして読んでいたため、驚かないというか、勘違いに気づいただけとなった(W
どうでもよいが、上木らいちの一晩5万って安くね? 10万で良いと思うよ。

誰も僕を裁けない (講談社ノベルス) 誰も僕を裁けない (講談社ノベルス)
早坂 吝

講談社  2016-03-03
売り上げランキング : 251150

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にしても、埼玉県の淫行条令怖いね。いまどきの高校生カップルって、セックルしまくってると思うが。

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』

ドラマ化もされたヒット作品。本にまつわる日常系ミステリー。
ラノベというくくりで見ると、質は高いと思う。ただ、正直「万能鑑定士Qシリーズ」にインスパイアされた劣化版に感じた。栞子みたいな女子は絶対いないし。
当初、シリーズ全作を読む予定だったが、そこまでする価値はなしと判断して、やめることにする

なお、ドラマでは、剛力彩芽とEXILEのAKIRAが主演だったようだ。ただ、私は不謹慎だが、小金井市事件の被害者と犯人のイメージで読んでしまった。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延 越島 はぐ

アスキーメディアワークス  2011-03-25
売り上げランキング : 16855

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パズドラレーダー300万DL突破記念イベント!! ゴッドフェス結果報告(パズドラ日記190)

フェス限が5倍というゴッドフェス。前半と後半2回ずつ引きました。結果は、

☆5 孫権+50
☆4 ミツキ+50
☆4 ジーニャ+50
☆5 バルボア+50 
←フェス限

アタリというものは皆無ですね。一応フェス限が一体出ましたが、話題にもなってないやつですね。緑だったので、一瞬ロノウェかと思ったんですが、ぬか喜びでした。

Screenshot_20160901195658

あと、コラボガチャは手を出さないようにしていたのですが、キン肉マンが強い&金率高いとのことで、ガチャってみました。

☆4 テリーマン
☆5 アシュラマン
☆5 ロビンマスク
☆4 テリーマン
☆5 ウォーズマン

でした(虚しいので画像なし)。

以上、魔法石45個消費しましたが、何も収穫はありません。

一日一回ふくびきパス結果報告(DQMSL日記144)

あいからずの圧倒的キンタマ不足に悩む日々。
復刻とかばかりですが、イベントを重ねてきた運営。イベントをしないと叩かれるし、イベントをしたらしたで叩かれる。この感じ好きです。

一日一回ふくびきパス結果報告です。今回まあまあかな、と思います(良いというほどではないです。絶望的に悪くもないけど)
20160828
ちなみに、S確定は、1回目はりゅうおう、2回目はドラゴンガイアでした。

あ、あとね、みんぼうは、ドレアムじゃないと相手してもらえないので、全然プレイしてないです。ミッション報酬も諦めてます。

続・最近やったゲーム『討鬼伝2』(PSV)

123時間でプラチナトロフィーを獲得。
今作は、トロフィーコンプの難易度がぐっと下がった。
「極」のように、武器コンプや、強敵との条件付き勝利、というのがないので、とても楽。武器、防具、合成は適当にやってトロフィーをとったら、いったん終了してロードした。

結局、カラクリ改造と「しらべ」が最後に残った。しらべは攻略サイトを見て、ローラー作戦。面倒だった。「しらべ」はvita版は不利だと思う。木の上のやつとかは、無理かと。

ミタマ集めは、仲間に戦わせて放置していた。今回はミタマも取得しやすい。敵も弱い。武器防具の強化もせず、最後までプレイできた。
タマフリはただでさえ分かりにくいのに、ニギタマフリとかアラタマフリとかわけがわからないので無視。スキル設定もっ面倒なので常に適当だった。

Toukiden2

プラチナトロフィーで称号「伝説のモノノフ」を獲得、人別札に「伝」がつく。私のようにトロフィーをとったあと、一度終了してロードしては、人別札が更新されないので注意。画面写真は、改めて取りなおしたもの。

ちなみに、オンラインはすでに過疎ってますな。まあ、飽きるし、目標もないからねえ~。
9月末に大型アップデートがあるそうだけど、大多数がそれまでにプレイやめちゃうと思う。

«井上理津子『葬送の仕事師たち』

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

カテゴリー

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

無料ブログはココログ