最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

おかえりキャンペーン(後半分) 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記206)

おかえりキャンペーンの後半分のガチャ結果です。20170922

ちなみに、魔法のダンジョンの討伐リスト報酬で引いたふくびきは、デスタムーアさんでした。ここで魔王かよ、と(W
Desuta

「プレイステーション プレスカンファレンス2017」感想

2017年9月19日の「プレイステーション プレスカンファレンス2017」を、ようつべで見ました。

サプライズはなかったけど、なかなか良かった。年末から来年初頭、国内向けタイトルはかなり充実してますな。

ちなみに、今後プレイしたいと思ってるタイトルは以下の通り。
●閃の軌跡3
●龍が如く2極
●北斗が如く
●二ノ国2
●モンハンワールド
●アイマス ステラステージ
●十三機兵防衛圏
●レッドデッドリデンプション2
他にも、面白そうなのはいっぱいあるので、困った。

中山七里『連続殺人鬼カエル男』

タイトルや装丁(画)のイメージと異なり、内容はもっと重い、というか社会派チックな側面もある。
終盤、ピアノをうまく小道具として活用する部分、張り巡らされた伏線とその回収。なかなかの作品である。

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫) 連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)
中山 七里

宝島社  2011-02-04
売り上げランキング : 11405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

安生正『生存者ゼロ』

第11回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。
謎の大量死の真相が明らかになるまでは、面白い。
ただ、それ以降は微妙かな。
主人公の一人である細菌学者がジャンキーになり、神の啓示がどーのこーの言い始めるあたり、必要性があるとは思えない。原題(「下弦の刻印」)から、それ系のネタを中心に据えることがスタートラインだったんだろうな、と想像できるが。

生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
安生 正

宝島社  2014-02-06
売り上げランキング : 72602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一日一回ふくびきパス結果報告(DQMSL日記205)

ふくびきパスの結果報告です。
未所持だった魔王の1つ、ハーゴンさんが出ました。ただ、使いみちが……。

他にも、Sランク、Aランク出てはいますが……。

20170913

なお、ジェム節約のため、ふくびきパスの購入をしばらく見合わせます。

らいなまキャンペーン(特別ミッション報酬) 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記204)

今回、毎日4枚ずつとなった旅ガチャの結果報告です。

もとより期待はしてませんでしたが……。
20170911

おかえりキャンペーン等 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記203)

おかえりキャンペーンなどのガチャ報告を忘れていました。

20170909
まあ、普通です。

ロトの紋章コラボ ログインボーナス10連結果報告(DQMSL日記202)

「ロトの紋章コラボ ログインボーナス」の10連結果報告です。

SとA出てるので、まあまあですかね。
20170908
ちなみに、「おかえりキャンペーン」のS確定は、ギュメイ将軍とモーモンロードでした。

住野よる『君の膵臓をたべたい』

2016年のベストセラー小説。

ラノベ以上、文芸未満といった印象。ま、一種のファンタジーですな。

何がどうしてここまでヒットしたかは謎。
私の嫌いな「本屋大賞」の影響?(「本屋大賞」前から、売れてたから、違うか)

ラスト、誤読しかけた。

君の膵臓をたべたい (双葉文庫) 君の膵臓をたべたい (双葉文庫)
住野 よる

双葉社  2017-04-27
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高嶋哲夫『富士山噴火』

富士山の噴火前兆から噴火後の避難の様子を描く。
事態の進行が淡々と描かれているが、決して退屈ではないのが凄い。
また、文庫で640ページほどある。よくこんな量の原稿書けるなあと、その筆力にも驚き。プロの小説家は凄いなあ~。

富士山噴火 (集英社文庫) 富士山噴火 (集英社文庫)
高嶋 哲夫

集英社  2017-06-22
売り上げランキング : 18133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

百田尚樹『カエルの楽園』

挿絵を、百田尚樹本人が描いていたのが、驚きだった。

カエルの楽園 (新潮文庫 ひ 39-2) カエルの楽園 (新潮文庫 ひ 39-2)
百田 尚樹

新潮社  2017-08-27
売り上げランキング : 29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※奇しくも、文庫版発売日に読了した。

おかえり記念ふくびきセット10連とか結果報告(DQMSL日記201)

交換券を1枚分、無償ジェムで購入しました。

10連の結果は以下の通り。
201708261
ドレアム先生やドークが欲しいので、「48時間限定」という10連も1回だけ、無償ジェムでひきました。このふくびき、「集金してる」感があって嫌な感じですけど。
201708262
厳しいですなあ~。
残りジェムが3000しかないし……。

夏の挑戦キャンペーン 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記200)

毎日の炊き出しが当たり前のようにあると思っていたら、いきなりなくなってちょっとショックです。

20170822
ミッションコンプリートの5連2回は以下の通り。
201708222
そして、S確定は、ゴッドライダーでした。いやあ~、炊き出しとはいえ、ひどい引きでした。

中山七里『さよならドビュッシー』

第8回『このミス』大賞大賞受賞作。中山七里氏のデビュー作。
『テミスの剣』
を読んだときに、文章下手じゃん、と思ったが、撤回。全然下手じゃない、むしろ上手い。

最初、青春ものなのかなと思って読み始めたら、火事で全身の皮膚を総移植なんていうまさかの悲劇的な展開(超医学すぎて、SFっぽいし)。その後も、ミステリー要素が出てきて、物語がどう着地するのか、興味を持って読み進めた。
迫力あるピアノの演奏シーン、魅力的な探偵、そしてまさかのどんでん返し(叙述トリック)。
なかなかの作品である。才能のある作家である。

さよならドビュッシー (宝島社文庫) さよならドビュッシー (宝島社文庫)
中山 七里

宝島社  2011-01-12
売り上げランキング : 22295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さよならドビュッシー 【Blu-ray豪華版】(2枚組:本編BD+特典DVD/初回限定版) さよならドビュッシー 【Blu-ray豪華版】(2枚組:本編BD+特典DVD/初回限定版)

キングレコード  2013-08-02
売り上げランキング : 89134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

浦賀和宏『ifの悲劇』

語り手が小説家で、自身に関連する事件についてのパラレル小説を書く、なんて設定がいかにも面白そうで、どんな仕掛けがあるんだろう、とワクワクしながら読んだ。

文庫230ページほどの中編だが、中盤以降登場人物も増え、内容的に複雑になる。
で、エピローグで、「ああ、こういうオチでしたか……」という風になる。
読み返し必至ですな。すごく緻密に計算され、執筆されている。
ただ、ちょっとアンフェア気味な気もするけど……。
近親相姦ネタとか、いかにも浦賀さんらしいと感じた。
ifの悲劇 (角川文庫) ifの悲劇 (角川文庫)
浦賀 和宏

KADOKAWA  2017-04-25
売り上げランキング : 136275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

«一日一回ふくびきパス結果報告(DQMSL日記199)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

カテゴリー

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

無料ブログはココログ