無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 恩田陸『ユージニア』 | トップページ | 劇団ひとり『陰日向に咲く』 »

谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』

一部で今大人気の作品。そのシリーズ最新刊が本作。

こないだも、HEY!HEY!HEYにハルヒ役の声優出演ということで、話題になっていた。

アニメは見たことがないのですが、DVDランキングでも常に上位にランクインされるなど、相当話題になっているということで、1作目から続けて読みました(アニメはYouTubeでチョロッと見たけどね)。

で、感想ですが長くなるので敢えて書きません(←なんのこっちゃ)。ただ、ライトノベルはこういう風に進化するのか、という感じです。

後続の作家は、この作品を真似しても、決してヒットはしないでしょう。いろいろ問題はありますが、原作を読む限り、うまい商品を作ったなあ、という感想があります。

角川書店のメディアミックス展開も見事に成功しています。

ところで、この作品、人気キャラは長門みたいですね。ショートカットキャラというのは人気がでますね。なんとなくエヴァの綾波を連想させられるのですが、確かセーラームーンとかときメモとかもそうですよね(ふるい話だが)。 
長門の切なげなところがよいのでしょうか?私的にはみくるさんが、ハアハアですが。どうもただのヲタ話になってしまいました。

とりあえず、こういう作品を食わず嫌いの人も、一度読んでみてください。語り手(地の文)の軽快さは、とても良いです。

ちなみに、本作P292のキョンが人類のルーツについて想像するあたり、先日紹介した『星を継ぐもの』同様、SFミステリの傑作とされるロバート・J・ソウヤーの『さよならダイナサウルス』みたいで、個人的にはちょっと良かった。

■参考 シリーズ全リスト(既刊順) ※刊行順に読むことをオススメします。

1.涼宮ハルヒの憂鬱
2.涼宮ハルヒの溜息
3.涼宮ハルヒの退屈
4.涼宮ハルヒの消失
5.涼宮ハルヒの暴走
6.涼宮ハルヒの動揺
7.涼宮ハルヒの陰謀
8.涼宮ハルヒの憤慨
9.涼宮ハルヒの分裂

涼宮ハルヒの憤慨 涼宮ハルヒの憤慨
谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2006-04-28
売り上げランキング : 41
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 恩田陸『ユージニア』 | トップページ | 劇団ひとり『陰日向に咲く』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2006年読了)ライトノベル」カテゴリの記事

(た行)谷川流」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
ハルヒは3冊目をよんでいるところです。
読みやすくて好きです。

イラストも可愛くってまさにラノベの王道!?
人気が高いのも頷けます。

わたしも長門はなんとなく惹かれます~。
なんでだろう。。

ユキノさん、コメント有難うございます。

なんかDVDの売り上げも記録的みたいですねえ。

私は、8作目まで読んでしまったので、9作目が出るのが、待ち遠しいという感じです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』:

» 涼宮ハルヒの憤慨 [ライトノベルっていいね]
涼宮ハルヒの憤慨 著者 谷川流 イラスト いとうのいぢ レーベル 角川スニーカー文庫  過去の設定を上手く活かしているなぁ。    人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとう... [続きを読む]

» 涼宮ハルヒの陰謀 [LIP:クチコミ・レビューのコミュニティ。Wikiによる製品のまとめサイト。 (PukiWiki/TrackBack 0.3)]
ジャンル: 本 製品分類: ライトノベル メーカー: 角川書店 残りわずかな高一生活をのんびりと過ごすはずだった俺の前に現れたのは、8日後の未来から来た朝比奈さん!? しかもこの時間へ行くように指示したのは俺だというのだ。8日後の俺よ、いったい何を企んでる...... [続きを読む]

« 恩田陸『ユージニア』 | トップページ | 劇団ひとり『陰日向に咲く』 »

カテゴリー