無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 絶対読んで損なし 乙一『暗いところで待ち合わせ』 | トップページ | エロ本を買いやすい店とは? »

絶対読んで損なし
新堂冬樹『無間地獄』

隣人のステレオ音がうるさくて全然読書が進みません。
しかたなく、ボケーとテレビ朝日のドラマ『黒い太陽』を見てたりしてました。
このドラマはなかなか好評のようですね。井上和香と酒井若菜などのキャスティングが成功の要因でしょうか。

で、このドラマの原作者である新堂冬樹の作品には、面白いものがたくさんあります。

その中でも特にイチオシが『無間地獄』です。

新堂作品の中でも最高傑作といえます。

この人の作品は、ヤクザ、闇金などをテーマにしたダーク小説、いわゆるノワールというのが多いです。私は、あまりこの手の小説は好きではなかったのですが、新堂小説はキャラの作りこみ、ミステリー的な複雑な構成、ストーリー展開の巧妙さ、さらに小ネタ満載で、どれを読んでも面白いです。

『無間地獄』は、多額の債務を負うこととなったホストと、闇金業を営むヤクザ(小学生時代に父親に性的虐待を受けている)の二人が主要キャストなんですが、特にホストの玉城の心理描写は素晴らしいです。笑えます!

暴力的な描写も多いので、そういうのが嫌いな人にはオススメしませんが、読んで損はありません。

なお、新堂冬樹の文章や表現があまりにもベタなものが多いため、それに難癖をつける方が結構いますが、私は好きです。



★新堂冬樹作品・勝手に格付けリスト★
※個人的には、もっと細かく分類しているんだけど、とりあえず3段階で。

【Aクラス】
無間地獄、溝鼠、三億を護れ!、カリスマ、悪の華 、鬼子、底なし沼

【Bクラス】
忘れ雪、炎と氷、銀行籠城、背広の下の衝動、聖殺人者、ろくでなし、動物記、あなたに逢えてよかった、吐きたいほど愛してる。

【Cクラス】
毒蟲vs.溝鼠、黒い太陽、砂漠の薔薇、アサシン、血塗られた神話、闇の貴族、ある愛の詩、ぼくだけの☆アイドル、誰よりもつよく抱きしめて、僕の行く道、天使がいた三十日

無間地獄 上  幻冬舎文庫 し 13-1 無間地獄 上 幻冬舎文庫 し 13-1
新堂 冬樹

幻冬舎 2002-08
売り上げランキング : 16669
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
無間地獄 下  幻冬舎文庫 し 13-2 無間地獄 下 幻冬舎文庫 し 13-2
新堂 冬樹

幻冬舎 2002-08
売り上げランキング : 106514
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑単行本もあります。

↓これはイマイチ。なんか展開が早すぎだし。

黒い太陽 黒い太陽
新堂 冬樹

祥伝社 2006-03
売り上げランキング : 76576
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 絶対読んで損なし 乙一『暗いところで待ち合わせ』 | トップページ | エロ本を買いやすい店とは? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

【絶対読んで損なし】ミステリー」カテゴリの記事

(さ行)新堂冬樹」カテゴリの記事

コメント

 新堂冬樹は、以前サラ金に勤めていた事がある、と聞いたことがあります。

 私は「砂漠の薔薇」しか読んだこと無いですけど、ちょっと怖いイメージがありますね。

 ヤクザっぽいような。

 でも、この人、正統派恋愛小説も書いているそうですね。

前職は、サラ金だとか経営コンサルタントだとかいわれてますね。
ちなみに、前に何かの雑誌に顔写真が出ていたそうです。いずれにしろ、カタギな感じではないですね。

恋愛モノは、セカチューとか狙って書いて、外した、という感じでした。

ほかに、昆虫モノとか動物モノとかほのぼの
ハートウォーミング系も書いてますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対読んで損なし
新堂冬樹『無間地獄』
:

« 絶対読んで損なし 乙一『暗いところで待ち合わせ』 | トップページ | エロ本を買いやすい店とは? »

カテゴリー