無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 時雨沢恵一『キノの旅』『キノの旅Ⅱ』 | トップページ | 絶対読んで損なし 三大奇書 »

バリントン・J・ベイリー
『時間衝突』

傑作である。

私の中のSFベスト10に確実にランクインする。

あらすじとしては、

タイタンと呼ばれる<真人>が世界を支配している遥か未来の地球。
各地に存在する異星人の遺跡。遺跡を研究する考古学者ヘシュケは、ある日300年前のとある遺跡の写真を入手する。
驚くことに、そこに写された遺跡は、<現在>のものよりも、古くなっていたのだ!
ヘシュケたちは、タイムマシンで過去、そして未来へ。
そこで彼らは時間の概念を覆すような、とんでもない事実を知ることとなる……

読みたくなりませんか? 説明が下手かな(W

本書では、とんでもないアイデアが提示されています。若干私の頭では理解にかける部分がありましたが、とにかくこのアイデア(時間論)が素晴らしい。

その独自の時間論(タイムパラドックスを否定する点で、通常のタイムトラベルものとは違う)、擬似科学という奴でしょうか(ハードSFとはちょっと違う、バカSFともいわれるらしい)、これが素晴らしいです。

私はこういうSFが特に好きなんです。『星を継ぐもの』と同じ系統の偉大なアイデア作品です。

その他、人種差別的な内容とかありますが、うまいことSF作品のモチーフとして溶け込ませてます。そのあたりもうまい。

ただ後半、そこまでテンポを速くしなくても、いいだろというのがありましたが。

あと、内容的なことではないのだけど、
・日本語訳がよく、読みやすい(翻訳は、書評で有名な大森望)。
・中国人名にルビが振ってある(初出だけでなく、すべてに)

という点が評価できる。装丁がちょっと地味すぎなのは×。

悔やまれるは、一気読みせず、最後の50ページほどを翌日に持ち越し、仕事でのいやな気分を持ち込んで終盤を読んでしまった点。
あと、夜中に読んでたんですが、近所のステレオがまた聴こえてきて…。夜中の3時でも鳴ってました。

しばらく、バリントン・J・ベイリー作品を読もうと思います。

時間衝突 時間衝突
バリントン・J・ベイリー 大森 望

東京創元社 1989-12
売り上げランキング : 84158
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 時雨沢恵一『キノの旅』『キノの旅Ⅱ』 | トップページ | 絶対読んで損なし 三大奇書 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2006年読了)SF」カテゴリの記事

(は行)バリントン・J・ベイリー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
『星を継ぐもの』系なんですね。
面白そうです~。

他にも積読あるんですが読んでみようかなぁ。

『星を継ぐもの』ほどではないですねどね(笑)。

トンデモ系ともいえるかも知れません、けどSFっていいな、と思わせる作品でした。

やっと読めました。
いろいろな話が満載で面白かったです。

スケールは大きいし
古さを感じさせない作品でした♪

こういう作品に出会うと、ホントSFっていいなあ、と思いますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリントン・J・ベイリー
『時間衝突』
:

« 時雨沢恵一『キノの旅』『キノの旅Ⅱ』 | トップページ | 絶対読んで損なし 三大奇書 »

カテゴリー