無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« バリントン・J・ベイリー
『禅銃〈ゼン・ガン〉』
| トップページ | 絶対読んで損なし
高畑京一郎『タイム・リープ―あしたはきのう』 »

新堂冬樹『ぼくだけの☆アイドル』

アイドル&虫オタクの脳内妄想炸裂ストーリー。雑誌連載の短編連作をまとめたもの。

残念ながらたいした作品ではない。適当に書いた感じだ。売れっ子過ぎるとこうなっちゃうのかなあ。

妄想の描写などでは、新堂節が炸裂しているし、虫に関する薀蓄もさすがだけどね。(付節なんて熟語初めてみた)

序盤は、劇団ひとり『陰日向に咲く』の「拝啓、僕のアイドル様」に何となく似てるね。

本書でもキャバクラシーンが出てきますが、キャバクラ嬢のことをキャストと書くのは、新堂冬樹くらいですな。

どうでもいいですが、みーちゅんのことを、みーちゃんと勘違いして読んでいた。最後のページで気づいた。

ぼくだけの☆アイドル ぼくだけの☆アイドル
新堂 冬樹

光文社 2006-08-22
売り上げランキング : 41919

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« バリントン・J・ベイリー
『禅銃〈ゼン・ガン〉』
| トップページ | 絶対読んで損なし
高畑京一郎『タイム・リープ―あしたはきのう』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2006年読了)一般小説」カテゴリの記事

(さ行)新堂冬樹」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、bk1のTBから来ました。
本書はそこそこ楽しくてすいすい読めましたが、どこか物足りない印象を受けました。
「キャスト」…確かに。「黒い太陽」を一瞬髣髴とさせました。

PNUさん、はじめまして。
コメント有難うございます。

そうですよね、物足りなさでいっぱいですよね。オチもアレですしね。『黒い太陽』もドラマで最終回が放送された直後は、ネット上でガッカリという意見多かったですね。

実は、新堂作品の新作『底なし沼』をすでに入手してまして、これから読むところです。こちらには期待したいところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新堂冬樹『ぼくだけの☆アイドル』:

« バリントン・J・ベイリー
『禅銃〈ゼン・ガン〉』
| トップページ | 絶対読んで損なし
高畑京一郎『タイム・リープ―あしたはきのう』 »

カテゴリー