無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 加納朋子『ガラスの麒麟』 | トップページ | 倉知淳『壺中の天国』 »

絶対読んで損なし
東野圭吾『秘密』

プロフィールページにも書いたけど、東野圭吾作品はだいたい全部読んでいる(エッセーも含む)。

その中で一番というと、私的には『秘密』かな。

広末涼子主演で、映画にもなったので有名ですな(見てないけど)。

まあ、TBSでドラマ化(綾瀬はるか主演)された『白夜行』も好きだけどね。ドラマは見てないけど(綾瀬はるかは、唇と乳がエロすぎ。ポカリのCMもやたらエロい目で見てしまう。そんなことどうでもいいか)。

『秘密』は全編にただよう切なさがたまりませんな。

ネタバレだけど(一応反転する 北村薫『スキップ』にも触れてます)、

「結局元に戻れない」というラストは(今年読んだ北村薫の『スキップ』もそうだけど)、作者としては思い切ったと思うね。読者を突き放す行為だからね。でも良かったよ。

やっぱSF的設定を盛り込んだ作品はやはりグッとくるものが多いな。

直木賞やるなら『秘密』か『白夜行』だったろ!と、今でも思う。

※ちなみに、本書にクリソツで話題となった浅倉卓弥の『四日間の奇蹟』。人によっては、『四日間の奇蹟』の方が上だ!という意見もあるが、私は『秘密』の方が好き。

秘密 秘密
東野 圭吾

文藝春秋 2001-05
売り上げランキング : 625
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 加納朋子『ガラスの麒麟』 | トップページ | 倉知淳『壺中の天国』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

【絶対読んで損なし】ミステリー」カテゴリの記事

【絶対読んで損なし】SF小説」カテゴリの記事

(は行)東野圭吾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対読んで損なし
東野圭吾『秘密』
:

« 加納朋子『ガラスの麒麟』 | トップページ | 倉知淳『壺中の天国』 »

カテゴリー