無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 遠藤周作『海と毒薬』 | トップページ | 「錯視デザイン」おもしれ~ »

おすすめアニメ『伝説巨神イデオン』

先日から、イデオンのことを何度も書いているので、簡単に紹介しておこう。
イデオンは、ガンダムで知られる、富野喜幸(富野由悠季)総監督の作品。日本サンライズ(サンライズ)制作。

テレビ放送された時(1980年)、私はまだ小学生だった。当時は完全にスルーした。子供にも受け入れがたいダサいロボ(メカニック)デザインがダメだった。ガンダムのやられキャラ「ジム」を連想するわけだ。ダッセー合体ロボアニメかよ!幼稚だな~と。

それで永遠に見ることはないかと思っていた。

それが、エヴァブームの際に、イデオンがエヴァのルーツの一つであると知り、見ることになった。

いろいろ調べてみると、富野はわざとああいうメカデザインにしたという(まあ、いろいろ経緯があったようだが)。
また、エヴァと同様テレビ版は未完のラストで、劇場版で完全版を公開したとわかった。

そういう予備知識をもって、見てみたわけですよ。

同じことの繰り返しが続くため、正直うんざりする部分があった。毎回、敵が出てきて、ドンパチ。最後にイデオンが敵を一掃して終わり。その繰り返しである。

しかし、物語のコアな部分は、なかなか深い。
「イデ」を巡って、二つの種族(人類)が、戦いを繰り返すわけだが、イデとは何なのか?ということが、執拗に問いただされる。
見ている側も、この戦いの意味は何なのか? 彼らの結末はどこへ向かうのか? イデとは何なのか?を気にしつつドラマを追いかける。そして、劇場版「発動篇」で、遂に「イデ」が発動し、衝撃的(?)なラストを迎える(まあ、Zガンダムもアレでしたが……)。

このあたり、オープニングテーマとエンディングテーマの歌詞に、見事に濃縮されているのがまた良い。(『コスモスに君と』は名曲。「道化芝居」というあたりが物悲しくなる)

モテない女、アル中、敵の男の子供を孕むこと、またキャラクターが死にまくる(子供が殺されるシーンあり)という要素もあり、到底子供向けアニメとは思えない。

見かけと違い難解で、間違った解釈をしてしまう人もいるかもしれない。私としては、本作は人類のルーツを巡る物語であると思っている。

とにかく、富野は、本当にSFが好きなんだなあ~と、思わせた作品。

超おすすめではないが、深いアニメである。
特にエヴァにハマッた人は見といたほうが良いと思う。

伝説巨神イデオン Vol.1 伝説巨神イデオン Vol.1
すぎやまこういち 井上和彦 塩沢兼人

タキコーポレーション 2006-05-26
売り上げランキング : 3294
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

残念なことに、劇場版「接触篇」(TV版の総集編)の出来が悪いので、わずらわしいかもしれないが、テレビシリーズと劇場版の全てを見たほうがよいだろう。

DVDのパッケージイラストが、人物だけというのが、いいね。

伝説巨神イデオン DVD-BOX PART-2 ニュープリント・デジタルニューマスター版 伝説巨神イデオン DVD-BOX PART-2 ニュープリント・デジタルニューマスター版
矢立肇 富野由悠季 塩屋翼

ビデオメーカー 2000-09-29
売り上げランキング : 90038
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 遠藤周作『海と毒薬』 | トップページ | 「錯視デザイン」おもしれ~ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

【おすすめアニメ&ゲーム】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おすすめアニメ『伝説巨神イデオン』:

« 遠藤周作『海と毒薬』 | トップページ | 「錯視デザイン」おもしれ~ »

カテゴリー