無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 貫井徳郎『空白の叫び』 | トップページ | 朱川湊人『赤々煉恋』 »

朱川湊人『かたみ歌』

「小説新潮」連載のものをまとめた、短編連作集。
昭和40年代半ばの東京のある町を舞台に、死者との接点を描いた不思議かつ優しい物語。
朱川湊人といえば、ノスタルジックホラーなわけですが、この作品はホラー要素はあまりないです。

私的には、(オチはともかくとして)「栞の恋」という話がよかった。古本屋にあったある本に、栞を挟むことで、とある男女が文通のようなことをするというもの。ロマンチックな話じゃないですかぁ~(W

かたみ歌 かたみ歌
朱川 湊人

新潮社 2005-08-19
売り上げランキング : 93366
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 貫井徳郎『空白の叫び』 | トップページ | 朱川湊人『赤々煉恋』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2006年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

(さ行)朱川湊人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朱川湊人『かたみ歌』:

« 貫井徳郎『空白の叫び』 | トップページ | 朱川湊人『赤々煉恋』 »

カテゴリー