無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 日野日出志のマンガムービー | トップページ | 小谷野敦『もてない男』 »

新堂冬樹『あなたに逢えてよかった』

『忘れ雪』『ある愛の詩』につづく、恋愛三部作の完結編だそうです。

とても性格がよく誰にも優しいそこそこ美男子の青年と、元気で天然ボケなやきもち焼きの女の子の恋を描いたもの。
その青年というのは、MCI(健常者と認知症の間、記憶がなくなる)という病気の作業療法士なのですが、彼自身がMCIになってしまって……… という思いっきりベタな話です。

偶然にも、東野圭吾の『赤い指』と立て続けに認知症系ネタの本を読むことになりました。

相変わらず新堂節は健在ですが、女性の描写は、一昔前のテレビドラマ(特に女性脚本家のもの)に影響を受けたのか?という感じ。

ラストに新事実的なものを提示するなどして一工夫はされています(途中でアレッ?と思った疑問などが解決します)。ですので、『ある愛の詩』『誰よりもつよく抱きしめて』『天使がいた三十日』とかよりは、いいかな、という感じです。
もしかして、セカチューみたいに大当たりしねえかな?と野望を持って書いてるのではとか思ったりしますが……
もう恋愛ものはやめましょうよ、新堂さん(W

ちなみに、誰かの受け売りなのか新堂さんオリジナルかよくわかりませんが、
「恋」という時は、「変」と「心」を合わせてグチャッとしたもの(P128)。
「心配」は心を配ること、「不安」は、安らぎを否定すること、だから似て非なるものである、なんてことが書いてありました(P177)。

あなたに逢えてよかった あなたに逢えてよかった
新堂 冬樹

角川書店 2006-09-26
売り上げランキング : 22407
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 日野日出志のマンガムービー | トップページ | 小谷野敦『もてない男』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2006年読了)一般小説」カテゴリの記事

(さ行)新堂冬樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新堂冬樹『あなたに逢えてよかった』:

« 日野日出志のマンガムービー | トップページ | 小谷野敦『もてない男』 »

カテゴリー