無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 島田荘司『犬坊里美の冒険』 | トップページ | 高野和明・阪上仁志『夢のカルテ』 »

島田荘司『最後の一球』

御手洗ものです。

文句は言いながらも、島荘作品は好きなので読みます。

『犬坊里美の冒険』 と同様、本作でも現行の裁判・司法批判がありました(W

で、本作も少々不満&疑問があります。
御手洗はどうして真相・犯人に辿り着けたのか?ちょっと省略しすぎでは?と思う。
灰などの成分も分析してないだろうしなあ。いくらボールが見つかったといってもねえ。

あと、ポリタンクはプレハブ小屋の中(床)にあったという情報が出ているのに、P74で「ポリタンクに引火した」と発言させるのは、ちょっと?
P234で小屋の前にポリタンクが置かれていると書かれているし、竹越に対するフェイクだとしてもねぇ~。

正直、御手洗じゃなくても良かった気がしないでもないけど、最近の中では、良いほうなのかな?

いつも思うんだけど、島田さんは事件本体よりも、それ以外の部分が特にうまいわ、読ませるね。あまり関係ない話とか、そっち方が面白かったりして、結構好きだわ。

最後の一球 最後の一球
島田 荘司

原書房 2006-11
売り上げランキング : 21801
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 島田荘司『犬坊里美の冒険』 | トップページ | 高野和明・阪上仁志『夢のカルテ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2006年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(さ行)島田荘司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島田荘司『最後の一球』:

« 島田荘司『犬坊里美の冒険』 | トップページ | 高野和明・阪上仁志『夢のカルテ』 »

カテゴリー