無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 絶対読んで損なし
麻耶雄嵩『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』
| トップページ | 逆転裁判4の体験版 »

吉田太一『遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人… あなたの隣の「現実にある出来事」』

遺品整理専門の業者(筆者)が見た、さまざまな死と人生についてのエピソードを46編収録。
夏場の自殺遺体が腐乱していた部屋、アダルトビデオだらけの部屋だの、今まで表に出されることのなかった、本当の「現実」が描かれている。

こういうテーマを取り上げ、本として刊行した扶桑社の編集者は評価できる。
ただ残念なのは、本書がブログをベースにしているもののせいか、内容が浅い点。素人が執筆したものなので、仕方ないけども、もう少し掘り下げて欲しかったなあ、と思う。

本書では、少子高齢化社会における老人の孤独死の問題ついて、行政(役所)や社会、家族はいかにあるべきか、問いかけをしている。私もそれなりに考えさせられるものはあった。

ちなみに、自殺というものは、周りに対する精神的なダメージもさることながら、経済的ダメージも相当なものがあるらしい。
(賃貸物件で自殺した場合、遺族だけでなく、大家、管理会社、近所の住人など多くの人に、大変な迷惑がかかるようだ)

遺品整理屋は見た!
遺品整理屋は見た! 吉田 太一

おすすめ平均
starsきれいな死はない。
stars全ての人に読んで考えてもらいたい
stars生き様も死に様も
stars自分がやらなきゃ誰がやる
stars今まで光の当てられなかった部分

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 絶対読んで損なし
麻耶雄嵩『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』
| トップページ | 逆転裁判4の体験版 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照)」カテゴリの記事

(や行)その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶対読んで損なし
麻耶雄嵩『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』
| トップページ | 逆転裁判4の体験版 »

カテゴリー