無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 海堂尊『チーム・バチスタの栄光』 | トップページ | 最近やったゲーム『スライムもりもり ドラゴンクエスト2 衝撃のしっぽ団』 »

×××挫折×××
冲方丁 『マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮』

『黒い季節』に続き、またもや冲方作品を挫折してしまいました。

冲方さんというのは、凄い才能の持ち主というのは、よく伝わってくるのですが、どうも私には合わないようです。

この作品、世間的にはムチャクチャ面白い!らしいです(アニメ化もされたらしい。日本SFなんとか大賞もとった作品です)。

以下、ファンの方は見ないように。

(以下、あくまでも個人的感想です)

この作品、Amazonなどの評価は、ムチャクチャいいですね。カジノシーンとやらが、最高に面白いんだとか。だけど、そこまで辿りつきませんでした。

というのも、ストーリーが全然面白くないから。
序盤は、スゲー面白そうって予感があるのですが、その予感がだんだん消え失せ、途中から物語的なおもしろさに対する期待度がマイナスになります。なんだか、妙に淡々としています。何が面白いのか理解できない。読むのが苦痛です。
別にクソ小説とは思いませんけどね。

ネズミのウフコックと、バロットにイマイチ魅力を感じられなかった、ということもあるなあ。
(この二人の交流が本作の魅力の一つなのだろうが)

また、世界設定の説明不足、過度の内面描写・詩的描写にややうんざり。きっとこの人は、小学生くらいからハヤカワ海外SFを読み込んできた頭のいい人なんだなあ~と思います。読解力、忍耐力のない私にはちょっと無理ですね。

マルドゥックシティにおける「委任事件担当捜査官」の位置づけや司法システムもよくわからん。なんだかぼんやりしています。皆さん、これを理解できるというのは、すごいですね。

説明不足という点では、118頁の「本人から一度もアクセスのない(偽造)名義は、手続きの対象にならない」というあたりは、ついていけませんでした。
「設定」と「答え」と同時に提示するのは、やや反則気味というか、作者と編集者の脳内で勝手に物語が進行していて、読者置き去りにしているなあ、と感じました。
※この作品にはこういうのが多い。基本的にはバロットに向けてのセリフです。本作の場合は読者もバロットとほぼ同じ位置に立っているため、「説明不足でわからない」ということを一時保留か無視せざるを得ません。

これ以上の時間の無駄は避けたいので、もう二度と冲方作品には手をつけないことにします。(ファンの方、すいません)

マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮
マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 冲方 丁

おすすめ平均
stars面白い。
stars引き込まれる物語
stars【物語の既視感】
stars戦うということ、生きるということ
stars激情。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 海堂尊『チーム・バチスタの栄光』 | トップページ | 最近やったゲーム『スライムもりもり ドラゴンクエスト2 衝撃のしっぽ団』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)その他」カテゴリの記事

×××挫折×××」カテゴリの記事

トラックバック

« 海堂尊『チーム・バチスタの栄光』 | トップページ | 最近やったゲーム『スライムもりもり ドラゴンクエスト2 衝撃のしっぽ団』 »

カテゴリー