無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『逆転裁判4』 | トップページ | 黒川博行『疫病神』 »

絶対読んで損なし
久坂部羊『廃用身』

医学ミステリーや医者モノのヒューマンドラマなどは多数あるが、本書ほど衝撃的な医学小説はないだろう。

この本を読み始めた人は、本書の前半部分が、まるでノンフィクション(ドキュメンタリー)のようであることに、まずは驚くのではないだろうか。
(実は、私は予備知識なしに本書を読み始めたのだが、最初は「これはノンフィクションなのか?」「小説読むつもりが、違うものを読み始めてしまった」と本気で思ってしまった)

その次に読者は、不自由な手足は切断すべし!というある医師の治療方針、そしてその描写に衝撃を受けるだろう。

本書では、『破裂』でも扱われた高齢化社会の問題点が、この作者特有の表現(作中人物の危険ともいえる思想)で、生々しく浮き彫りにされている。

とにかく、衝撃と驚愕の医学小説である。最後の最後まで、緊張感はとぎれることはない。是非一読をオススメする。小説としては、素晴らしいと思う。
だが、読了後、いや~な気分になる可能性も高いので注意。

不適切なことを書いてしまうが、
手足を切断された老人たちが、楽しそうに球技をするシーンは、まるでフリークスショーのようですらある。

なお、著者の久坂部羊は医師。今のところ、本書(デビュー作)、『破裂』、『無痛』の3つの小説作品のほか、『大学病院のウラは墓場-医学部が患者を殺す』、『日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか』の2つのノンフィクション作品を発表している。

廃用身
廃用身 久坂部 羊

おすすめ平均
stars残酷と親切の根元は異なるのでしょうか?
starsよく書かれているだけに怖い
stars医師からのショッキングなフィクション
stars堂々としたノンフィクション形式の書き方が好き
starsホントにフィクション?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『逆転裁判4』 | トップページ | 黒川博行『疫病神』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

【絶対読んで損なし】ミステリー」カテゴリの記事

(か行)久坂部羊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対読んで損なし
久坂部羊『廃用身』
:

« 最近やったゲーム『逆転裁判4』 | トップページ | 黒川博行『疫病神』 »

カテゴリー