無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 山田昌弘/伊藤守『格差社会スパイラル-コミュニケーションで二極化する仕事、家族』 | トップページ | 絶対観て損なしの映画
『1999年の夏休み』 »

清水一行『動脈列島』

実は、清水一行の小説を読むのはこれが初めて。

本作は、リアル描写が優れた社会派小説だ。
新幹線転覆を企む犯人と警察の対決が非常に丁寧に描かれている。

徹底した取材をし、きっと資料本の山に囲まれながら執筆をしたのだと思う。

新幹線を攻撃する手法については、なるほどなあ~というものばかりだ。もちろん、現在ではどれも不可能だろうが、この本が出た当時は可能だったかもしれないと思うと、凄い。

全体の感想としては、そこそこ面白いが、傑作とはいいがたいといったところ。
というのも、物語に緊張感がなく淡々と進むだけなのである。
これは、本作で描かれる警察が、不甲斐ないのが一因であると思う。「犯人が警察を出し抜いて犯行を成功しづける」というのは、プロット上の必然である。しかし、たとえそうであっても、ちょっと情けない(早期に犯人の特定とかはするんだけどね)。警察側のキャラ(滝川)は超エリートという設定だから余計である。
犯人(秋山)と滝川の駆け引きというより、秋山の活躍と警察および政界のグダグダがリアルに描かれているだけ。
また、この滝川のキャラ造型もいまいちで、魅力に欠ける。
このあたりが、全体の印象をマイナスにしている。

また疑問もある。
秋山は、芙美子と出会わなかったら、どうするつもりだったのか?
秋山は、トイレにどのように時限爆弾をしかけたのか?(一応描いてほしかったな)

犯人が人を死なせなかったのは良かったけどね。
※思いっきりネタバレ

動脈列島 動脈列島
清水 一行

徳間書店 2005-11
売り上げランキング : 455724

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 山田昌弘/伊藤守『格差社会スパイラル-コミュニケーションで二極化する仕事、家族』 | トップページ | 絶対観て損なしの映画
『1999年の夏休み』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2007年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(さ行)清水一行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清水一行『動脈列島』:

« 山田昌弘/伊藤守『格差社会スパイラル-コミュニケーションで二極化する仕事、家族』 | トップページ | 絶対観て損なしの映画
『1999年の夏休み』 »

カテゴリー