無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« おすすめゲーム『バイオハザード4』 | トップページ | おすすめゲーム『バテン・カイトス』シリーズ »

神田敏晶 『YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ』

本書は、YouTubeがもたらした「ネット上での様々な現象」と「広告マーケティングの変容」についてまとめたものだ。

日頃から、YouTubeを閲覧している人や、ネットウォッチを怠らないブロガーからすると、それほど目新しいことは書いていないと感じるはずだ。
しかし、現状の再確認という意味では、ある程度有効な本といってよいだろう。

視聴率至上主義のテレビ局のあり方に疑問を投げかけるあたりは面白い。私は、ネットの登場によって、新聞社がヤバイのではと思っていた。しかし、近い将来テレビ局も相当危機的な状況に陥るかもしれない。

また、本書では、企業や著作権者に対して、YouTubeやユーザーといかに共存、繁栄していくかを問うている。このあたりは、私も激しく同意するところである。個人的には、過去の作品を含めて映画の予告編などは、すべてYouTubeにUPしろや!とか思ったりする。
できれば、PVも。

ところで、あとがきによると、この本の原稿がまとまったのは2006年11月とある。
もうすでに、半年ほど経過しているため、状況はいろいろ変化している。
たとえば、前にこのブログでも紹介した「ニコニコ動画」の登場だ(私などは、頻繁に「ニコニコ動画」を見ているダメ人間だ)。

そのニコニコ動画自身、WebマーケティングやWeb2.0のあり方を考えた時、十分注目に値する存在である。
また、その動画共有コミュニティにおいても新しい動きが見られる。

たとえば、↓は、ニコニコにUPされた『「ドラクエ4」の楽曲をピアノで演奏する動画』に、あわせてバイオリオンを引くという動画だ。これが、ニコニコ上で反響を呼んでいる。

以前、「ハルヒ動画」(アニメ、『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンディングテーマ「ハレ晴レユカイ」のダンス)などが話題になったが、このドラクエ動画のような形で、ユーザー同士がつながっていくというのも、新しい展開であると思う。

現在、YouTube(Google)は、メディア企業Viacom社から著作権侵害で提訴されている。
この訴訟の結果は、今後のYouTubeと企業、そしてユーザーたちに大きな影響を与えるであろう。司法がどういう判断を示すか、楽しみである。

YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ

YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ 神田 敏晶

おすすめ平均
stars既得権益の危機
starsYoutubeについて、一通り分かります
stars内容に何の意味があるのだろう
stars内容が薄い
starsYouTubeの「ヤバさ」より「すごさ」を説いた画期的なビジネス書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■メモ
・フォークソノミー……タグによるコンテンツ分類。
・SEO……検索時に上位にヒットされるようになる工夫。検索エンジン最適化。
・CGM……Consumer Generated Media。ブログなどの消費者生成型メディア。
・クリエイティブ・コモンズ……ある条件下で著作物を他人に利用使用させようとする運動。著作権の新たな枠組み。

« おすすめゲーム『バイオハザード4』 | トップページ | おすすめゲーム『バテン・カイトス』シリーズ »

(2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照)」カテゴリの記事

(か行)その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« おすすめゲーム『バイオハザード4』 | トップページ | おすすめゲーム『バテン・カイトス』シリーズ »

カテゴリー