無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 大村大次郎『国税調査官が教えるなぜ金持ちが増えたのか?-税が格差社会を作った』 | トップページ | 最近やったゲーム
『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』 »

浦賀和宏『世界でいちばん醜い子供』

俺も、純菜に「さ・み・ち・い・の」って言ってもらいたい。プリーズ。

といきなり、痛いことを書いてしまいました。

さて、本作は「松浦純菜(八木メエェ剛士)」シリーズの第6弾。どの程度ファンがいるのかは不明だが、少なくとも私のような一部の人にとっては、待望の続編である。

(以下、ネタバレ込み)

前作『さよなら純菜 そして、不死の怪物』では、純菜は一切登場せず八木の妄想と煩悶と爆発が描かれていた。本作では、前作とは対称的に八木が直接描かれることはなく、純菜視点のみで描かれる。

その描かれっぷりが凄い。今までは、寡黙で悲しげな少女だった純菜のイメージを払拭させる、はっちゃけぶりである。
「さみちいの」「ってツッコミはなしよ」「アイ・アム・ア・ベリー・ラブリー・ガール」には、笑った。

また、前作では八木の内面描写で、同じことが何度も書いてあり、読者的にはややうんざりであったのだが、今度は純菜でそれをやっている(WWW
もう一人の自分(正確には義手)との対話は、エヴァのようですな(W

八木と同様に、妄想の炸裂っぷりも凄い(趣味だそうだ)。

ところで、前作の「衝撃のラスト」の後、いったいどうなったのか?と非常に気になっていたのだが、なんだか普通に暮らしてるじゃん、八木の野郎。マリアとよろしくやりやがって(WWW まあ、いいや。

まとめ。
本作は、シリーズ全体として、大きくは進行していない。はっきりいって「どうでもいい」という風にも思える部分がある。
ただ、①苦難を乗り越えた八木と純菜の距離を近づかせる(どうせまた次作では、うまくいかなくなるだろうが)②純菜の『力』の初出」という二つの役割を担っている。そういう意味では、シリーズが終了したあとで、深みを持ってくる一冊といえるかもしれない。
また、1作目2作目のように、単独でも一応ミステリーとして成り立っている点はなかなかだと思う。

次作、『墜ちた天使と金色の悪魔』が今から楽しみである。

世界でいちばん醜い子供 世界でいちばん醜い子供
浦賀 和宏

講談社 2007-04-06
売り上げランキング : 12441
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 大村大次郎『国税調査官が教えるなぜ金持ちが増えたのか?-税が格差社会を作った』 | トップページ | 最近やったゲーム
『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2007年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(あ行)浦賀和宏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦賀和宏『世界でいちばん醜い子供』:

» 浦賀和宏『世界でいちばん醜い子供』(講談社ノベルス) [書評風 - 読んだら軒並みブックレビュー]
浦賀和宏『世界でいちばん醜い子供』を読んだ。 ここまでくると、書名にシリーズ名と連番を付すべきじゃないかと思う。なにしろ、シリーズモノだけど単体でも楽しめる…みたいな配慮は全然ない。『松浦純菜の静かな世界』から順に読み進むことが、この本を愉しむための絶対条件となる。と、前振っておいて、今回の感想はこれだ。 意外性炸裂。 前作の破壊的顛末に固唾をのんだ読者を、あたかも嘲弄するかのようなスカした展開で...... [続きを読む]

« 大村大次郎『国税調査官が教えるなぜ金持ちが増えたのか?-税が格差社会を作った』 | トップページ | 最近やったゲーム
『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』 »

カテゴリー