無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 東野圭吾『使命と魂のリミット』 | トップページ | 日垣隆『すぐに稼げる文章術』 »

久坂部羊『日本人の死に時-そんなに長生きしたいですか』

久坂部羊氏のノンフィクション作品第二弾。

本書の趣旨は、
「病気の老人に対する、(苦痛だけを伴うような)無駄な延命治療はやめて、さっさと死なせろ。死に時は、ポックリ死ぬのがよい。衰弱して天寿を全うするのが自然の摂理。生き様をシミュレーションするだけでなく、死に様もシミュレーションしておけ」といったところか。

現役の医師が、「老人はさっさと死ぬべき」的な表現を使用しているので、不謹慎というか各方面から叩かれそうな部分もある。
というか、小説作品『廃用身』『破裂』などでの主張のまんまである(WWW

だが、冷静に現状を見極め、いままで避けてきた問題に真っ正面から向かいあっている点は、『大学病院のウラは墓場?医学部が患者を殺す』と同じく高く評価したいところ。
ちなみに、本書でもマスコミ批判は激しい(WWW

安楽死問題なども含めて、関心のある人は読んで欲しい。

世の中には長生きのすすめとか、健康志向の本ばかりの中で、「どうすれば惨めな思いをせず死ぬか」を説いた本はほとんどない。

そういや昔『患者よガンと戦うな』なんて本があったなあ。

日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか
日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか 久坂部 羊

おすすめ平均
stars人生60年の薦め
stars現実的な問題提起ですね
stars長生きのリスクを、老人医療に携わる医師の立場から

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久坂部先生!寿命までもう10年もありませんが、それまでの間、面白い小説をいっぱい書いてくださいね!

※第二章で紹介される、レイ・カーツワイル氏のアンチエイジングのアイデアは、SF小説に出てきそうなアイデアでなかなか面白かった。

« 東野圭吾『使命と魂のリミット』 | トップページ | 日垣隆『すぐに稼げる文章術』 »

(か行)久坂部羊」カテゴリの記事

■幻冬舎新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久坂部羊『日本人の死に時-そんなに長生きしたいですか』:

« 東野圭吾『使命と魂のリミット』 | トップページ | 日垣隆『すぐに稼げる文章術』 »

カテゴリー