無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 映画の巨匠が二人も…… | トップページ | Yahoo!ゲームに「バイオ4」登場 »

ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』

いまさらですが、『ダ・ヴィンチ・コード』です。
映画は評判悪かったみたいですけど、世界的ベストセラーだけあって、すごく面白かった。翻訳もいいね。読みやすい。グイグイ読ませる見事なプロット!巧みなミスリード(読み返したけど、決してウソは書いていない)!エンタテインメントの傑作といえるね。

残念なのは、最近忙しくてじっくり読む暇がなく、1日2日で読めるものを10日くらいかけてしまったこと。こういう作品を、ダラダラ読むと、すごく損した気分になる。

あとね、この作品のネタ、実は知っていたんですよ。

というのも、

NHKがニュースでネタバレしやがったんですよ!

結構前なんだけど、「映画公開がされましたよ!」というニュースだったと思う。
ちょうどそのころ、著者のダン・ブラウンがカトリックから訴えられて、裁判中だったんです。で、訴訟内容をアナウンサーが丁寧に語ってくれたのですが、それが、モロネタバレでした。
民放とかは、裁判の時のニュースでも「扱った内容について」「表現を巡ってとか」いう言い方で報道していたのに、モロ言っちゃうんだもん。

まあ、この本独自のネタでなく、キリスト教に関するネタで、海外ではそれなりに有名な話らしいんだけど……。でも、一般的な日本人は知らないであろうことですよ。
とにかく、核心とでもいうべき内容を平気を放送したわけですよ。

裁判のニュース報道なら仕方ないかもしれないけど、映画公開のニュースではありえないだろ。映画を見ようとしている人にも失礼でしょうが。ワーナーに対する、営業妨害じゃないの? 

ちょっとズレてる人が原稿書いてるんじゃないの?

まじ最悪。NHK。

ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(上) ダン・ブラウン 越前 敏弥

おすすめ平均
starsやや肩透かし
stars良く考えたなぁ
stars完全に話題先行、営業優先、読者はどこに?
stars息づき甦るダヴィンチ
stars映画で十分満足だが、聖杯伝説の背景に興味がある方には、合わせてどうぞ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダ・ヴィンチ・コード(中) ダン・ブラウン 越前 敏弥

おすすめ平均
stars女性こそ読むべき本かな
stars知的好奇心をくすぐられる作品
stars少しずつ解けていく謎
stars明らかになる隠された歴史
stars説明ばかり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダ・ヴィンチ・コード(下) ダン・ブラウン 越前 敏弥

おすすめ平均
stars知的好奇心をくすぐられる作品としても、十分に楽しめるものであった
starsおもしろかったんですが…
stars歴史の本だ。
stars評判より上
starsなぜ?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「モナ・リザ」の絵に何かすごい秘密がある!そんな話かと誤解させる表紙ですな。
あ、ネタバレといえば、巻頭の写真の数々も微妙にネタバレしてますね(W

« 映画の巨匠が二人も…… | トップページ | Yahoo!ゲームに「バイオ4」登場 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2007年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(た行)ダン・ブラウン」カテゴリの記事

コメント

 お邪魔します。keiです。

 面白い事は面白いですが、この暗号は日本人には解けない、というか、非キリスト教徒には解けないですよね。

 私、この小説を読んで、日本人の知的レベルってそんなに高いんだろうか? って思いましたよ。だって、べらぼうに売れたようですから。

私的には、キリスト教関連の話はそれほど難解だとは思いませんでした。ある程度知識があったせいかもしれませんが。

といっても、マグラダのマリアの話などはよく知りませんでした。ですが、マリアに関することなどは、知識がなくて逆に良かったと思います。
なんとなくですが、この作品は、キリスト教徒じゃない人の方が、素直に楽しめるのかな、と。

ただ、同じことの繰り返し感はやや気になりましたね。(しかも、1日のできごとだし)「24」かよと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』:

» ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」 [ケイの読書日記]
 先日、図書館の人から「予約の本が来てますよ」と言われ、やっと思い出した。「ダ・ヴィンチ・コード」私予約していたんだ。長かったなぁ。忘れてたよ。  ということで遅ればせながら読んでみる。  ルーブル美術館館長のジャック・ソニエールが、館内で惨殺された。しかしそこには奇妙な暗号が残されていた。その秘密とは…。  確かにハラハラドキドキですごく面白いが、暗号を解いても解いても次の暗号が出てきて、まるでマトリョーシカの人形のよう。正直言って、途中でうんざりしてしまった。  だいたい、この暗号を解こ... [続きを読む]

« 映画の巨匠が二人も…… | トップページ | Yahoo!ゲームに「バイオ4」登場 »

カテゴリー