無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』の予告編第2弾配信! | トップページ | 桜田淳子『アイスルジュンバン』 »

ダン・ブラウン『天使と悪魔』

ロバート・ラングドンシリーズの第一作目(第二弾は『ダ・ヴィンチ・コード』)。
宗教と科学の対立をメインテーマに据えた本作も、キリスト教や陰謀説に関するうんちく満載でなかなか楽しい。
実験室でのビックバンの成功、反物質の対消滅によるテロなど、SF好きの人にも興味深いキーワードが出てくるのも◎。

ただし、①ラングドンが寝ていたところをたたき起こされる始まり方、②黒幕の手先となりラングドンたちを脅かす暗殺者、③暗号が次から次に登場、1日のうちにあっちこっちを移動しまくる、④ヒロインとの恋の芽生え、⑤驚くべき真の黒幕(どんでん返し)というのが、まったく『ダ・ヴィンチ・コード』と同じであり、正直退屈な部分もあった。完全に型ができちゃってるのよね。
※①はどうでもいいが。

といっても、『ダ・ヴィンチ・コード』よりも緊張感があるし、またアクション性も高い。⑤のどんでん返しもなかなか良い。
総じて見たら、『ダ・ヴィンチ・コード』よりも優れていると思う。
※たぶん、こちらを先に読んでから、 『ダ・ヴィンチ・コード』を読むと、ハア?となったんだろうね。

本作には、科学を信仰する人、宗教と科学を融合させようとする人、そして自らの信仰のためには殺人も辞さないという狂信者、いろんな信仰を持った人が登場します。
これらはリアルな世界でも、同じことです。
ホント難しいですな。

天使と悪魔 (上) (角川文庫)
天使と悪魔 (上) (角川文庫) ダン・ブラウン 越前 敏弥

おすすめ平均
starsBetter than ダ・ヴィンチ・コード
stars臨場感があります。
stars最高のエンターテイメント小説
stars『ダ・ヴィンチ・コード』より
stars欧州旅行のお供にぜひ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
天使と悪魔 (中) (角川文庫)
天使と悪魔 (中) (角川文庫) ダン・ブラウン 越前 敏弥

おすすめ平均
stars嘘とわかってても楽しい観光ガイド
stars中巻以降は読む手が止まらない面白さ!
starsエンタテイメント小説の雛形
stars心憎い設定,見事!
stars映画化されるようですが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
天使と悪魔 (下) (角川文庫)
天使と悪魔 (下) (角川文庫) ダン・ブラウン 越前 敏弥

おすすめ平均
stars嘘とわかっても面白い観光ガイド
stars長さを感じさせない
starsすごく面白かったです
starsエンターテイメントとしては☆5つ
starsエンタテイメント小説の雛形

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そういや、セルンから、ヴァチカンに舞台を移動する部分に、非常に違和感があった。やや強引というか、なんというか。
あの電話の相手は、オリヴェッティだったんだよなあ~。う~む。

« 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』の予告編第2弾配信! | トップページ | 桜田淳子『アイスルジュンバン』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2007年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(た行)ダン・ブラウン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダン・ブラウン『天使と悪魔』:

« 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』の予告編第2弾配信! | トップページ | 桜田淳子『アイスルジュンバン』 »

カテゴリー