無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 東京サンシャインボーイズの演劇の話でも | トップページ | でっていう »

ダン・ブラウン『パズル・パレス』

ダン・ブラウンのデビュー作である。
暗号解読をテーマとした点、追っ手に追われながら右往左往するさま、そして意外な黒幕の正体というあたりは、まさにプレ『ダ・ヴィンチ・コード』という感じである。

スピード感もあって、そこそこ面白いが、RPGでいうところの「お使い」が多いのが気になった(『ダ・ヴィンチ・コード』もそうだが)。
あと、遺言メモのあたりとか、日本企業との交渉については、私の読解力不足のためか、いまいち釈然としない気がしたのだが。
※にしても、ヘイルはいつの間に、ノード3に戻ってきたんだ?

コンピューターがテーマの作品なので、今となっては多少古さがあるけど、これも映像化しやすい作品であると思う。

パズル・パレス (上)
パズル・パレス (上) ダン・ブラウン 越前 敏弥 熊谷 千寿

おすすめ平均
stars成長前
stars謎解きは他の本より少ないか
stars息もつかせぬ展開は処女作から健在だが…
starsちょーっと勘違い?
starsNSAを扱う本として普通に面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
パズル・パレス (下)
パズル・パレス (下) ダン・ブラウン 越前 敏弥 熊谷 千寿

おすすめ平均
starsまぁまぁですが...
stars作者買い
stars一番面白い、が……

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 東京サンシャインボーイズの演劇の話でも | トップページ | でっていう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2007年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(た行)ダン・ブラウン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダン・ブラウン『パズル・パレス』:

« 東京サンシャインボーイズの演劇の話でも | トップページ | でっていう »

カテゴリー