無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』 | トップページ | いまだにFFTA2ををしていたんだけど »

絶対観て損なしの映画
『フォロー・ミー』

※この作品は、残念ながら、ビデオもDVDもリリースされていない(Amazon.com、Amazon.ukも調査してみたが、見つからず)。
だから、多くの人は見ることはできないだろう。だけど、深夜などにテレビ放送されることもあるので、是非頭の片隅に置いておいてほしい。

本作は、1972年制作のイギリス映画。
監督は、キャロル・リード(『第三の男』『邪魔者は死ね』『オリバー!』)
脚本は、ピーター・シェーファー(『アマデウス』)
主演は、ミア・ファロー、トポル
※キャロル・リードとピーター・シェーファーですぜ!凄すぎ。これで期待しない人はいないと思う。

ジャンルはラブコメかな。
妻(ミア・ファロー)が浮気をしているのではないか?と疑惑を持った男が、私立探偵(トポル)に、浮気調査を依頼……。そんなところから、物語は始まる。

本作の見所は、なんといっても、トポルのバレバレの尾行シーン。特に、ミア・ファローがトポルの存在に気づいてからの一連の描写が最高だ。それらのシーンで流れるジョン・バリーの音楽もなかなか良い。流れるように展開する映像にマッチしている。また、俳優にセリフを喋らせず、二人の気持ちの変化を描いたキャロル・リードの力量もたいしたものだ。

はっきりいって、トポルのバレバレな尾行っぷりは怪しすぎ。
しかし、それをストーカーや不審者として捉えず、心の安らぎを生み出す方向に持って行っている。フィクションの世界ならではのファンタジーというか、古き良き時代とでもいうか。

とにかく隠れた傑作だと思う。

私、VHSに録画したものからDVDビデオを作成して何度も見ております。

以下、映画『フォロー・ミー』より引用(著作権的に問題あれば指摘を)。

Follow01_3 ←ミア・ファローが、尾行するトポルに気づくシーン。

Follow02_2 ←ミア・ファロー、トポルに気づき逃げ出す。後を追うトポル。

Follow03_2 ←そうこうするうちに、トポルが後ろにいるのが当たり前のものなってる。離れて歩く(確かに尾行をする)トポルに気づいて一安心するミア・ファロー。

Follow04_2 ←いつの間にか、トポルが前を歩いている。

Follow05_2 ←トポルの変な動きを真似するミア・ファロー。







↓原作の舞台台本、ペーパーバック版。

The Public Eye: Play (Acting Edition)
The Public Eye: Play (Acting Edition) Peter Shaffer


See details at Amazon
by G-Tools

« 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』 | トップページ | いまだにFFTA2ををしていたんだけど »

【絶対見て損なし】映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対観て損なしの映画
『フォロー・ミー』
:

« 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』 | トップページ | いまだにFFTA2ををしていたんだけど »

カテゴリー