無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 五十嵐貴久『Fake』 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 目明かし編(アニメ) »

中島望『クラムボン殺し』

表題にある「クラムボン」とは、宮沢賢治の『やまなし』に登場する謎のモノのことである。
※詳細は、Wikipedia「やまなし」を参照。

本書では、二つの事件(ヒャクメルゲ事件、校歌見立て事件)が平行して描かれる。
作者は、ミスリードをしかけてくるが、ミステリーを読み慣れた読者はおそらく裏の裏を読むことができるはずだ。校歌見立て事件の犯人はバレバレである。

総評としては、いろんなものを詰め込みまくった、素人くさいイマイチな作品である、といったところか。

ちなみに、ヒャクメルゲ事件は、作者あとがきによると、日野日出志作品から着想を得たようだ。

クラムボン殺し (講談社ノベルス)
クラムボン殺し (講談社ノベルス) 中島 望

おすすめ平均
starsうーん・・・
starsアンバランス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 五十嵐貴久『Fake』 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 目明かし編(アニメ) »

(2007年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(な行)中島望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中島望『クラムボン殺し』:

« 五十嵐貴久『Fake』 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 目明かし編(アニメ) »

カテゴリー