無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 森博嗣『幻惑の死と使途 Illusion Acts Like Magic』 | トップページ | 乙一『小生物語』 »

西澤保彦『収穫祭』

西澤作品最長の小説ではないだろうか? 力作、大作(原稿用紙1900枚超)である。

で、感想であるが……

謎はほとんど解明されるものの、どこか消化不良な気分になる。
記憶喪失とマインドコントロールというのは、できればやめてもらいたかった。
※記憶違いなのか嘘なのか?このあたりの境界線が掴みきれない。意図的にやっているんだろうが。

西澤作品らしいとぼけたモノローグ表現はよいが、なつこシリーズのようなエロ描写が多いのには辟易した。主人公はすぐ勃起しているが、読者は萎えるだけだ。ヒロイン(マユちゃん)が、あまり可愛くないという設定は趣があってよいが。

ま、それなりには面白いので、ボリュームはあれども読み始めたら一気に読んでしまうことになるだろう。

収穫祭
収穫祭 西澤 保彦

おすすめ平均
stars期待してたのとちょっと違うけど・・
starsぶっとんでる世界の推理小説
stars西澤ワールド
starsとにかく人が死に、そいてエロい
stars長編で久々のヒット

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 森博嗣『幻惑の死と使途 Illusion Acts Like Magic』 | トップページ | 乙一『小生物語』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)西澤保彦」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西澤保彦『収穫祭』:

« 森博嗣『幻惑の死と使途 Illusion Acts Like Magic』 | トップページ | 乙一『小生物語』 »

カテゴリー