無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« [PC雑談]秋葉のメリットが減ってきた件 | トップページ | 妖星乱舞いろいろ »

森博嗣『夏のレプリカ Replaceable Summer』

アンフェアではないが、ギリギリな感じ。登場する事件(犯行)の背景が描かれていないので、モヤモヤが残る(事件設定自体が?な感じ。非現実的というか、説得力に欠ける)。
ストーリー的にも、後味が悪いものとなっている。

にしても、シリーズを追うにつれ、詩的な表現が増えているね。「理系ミステリ」という言われ方を嫌ったためか?

「指をパチンと鳴らしてみて」というところの萌絵はかわいい。

なお、この作品、『幻惑の死と使途 Illusion Acts Like Magic』と対になっており、ある仕掛けがほどこされている。
※詳細は、ネタバレサイトを見てください。

※おまけ。
都内の某図書館の入り口あたりに、ホームレスが住んでいる。
貴奴らの荷物の近くに、図書館のものらしき文庫本が何冊か積まれている。たまに、文庫本を読んでいることもある。
今日、通りかかったところ、ホームレス自体の姿は無かったのだが、1冊だけポツンと置かれていた本があった。
なんだろ?と思って見てみたら、『詩的私的ジャック』だった。嗚呼。

夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER (講談社文庫)
夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER (講談社文庫) 森 博嗣

おすすめ平均
stars最後のオチは・・・
stars素敵で哀しい懐かしい物語
stars犀川先生の存在は偉大ですね…
starsすべては夢の中で起こったように。
stars前作の

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« [PC雑談]秋葉のメリットが減ってきた件 | トップページ | 妖星乱舞いろいろ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(ま行)森博嗣」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森博嗣『夏のレプリカ Replaceable Summer』:

« [PC雑談]秋葉のメリットが減ってきた件 | トップページ | 妖星乱舞いろいろ »

カテゴリー