無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« スティーブン・レザー『ロンドン爆破まで九日間』 | トップページ | 貴志祐介『新世界より』 »

【絶対観て損なしの映画】
『男はつらいよ』シリーズ

山田洋次監督、渥美清主演の巨大シリーズである。

皆さんは、本シリーズの作品はどの程度見ているだろうか?
おそらく80年代以降の作品を、パラパラと歯抜けな状態で見ている人が多いのではないだろうか?(渥美清死去後はほとんどテレビ放映されなくなったが、以前はよくフジテレビやテレビ朝日で放送されていた)

私の場合も似たようなものであったが、何年か前テレビ東京で「全作品一挙放送企画」がなされた際に、全作品を通して見た。

全48作を見てみると、作品の出来具合にかなりの差があるのがわかる。また、本シリーズは大きく3期~5期程度にわけられるが、その時期による違いなども発見できて楽しい。

ところで、この「寅さん」というキャラは、はっきりいって犯罪者スレスレ(軽犯罪者)のDQNである。正直いって、こんな人には関わりたくない。電車の中などで、隣に座ってきたら不安すら感じるだろう。
本作では、このDQNから現代人が失ったとされる人情味を見いだすことに重心を置いている。言い換えれば、「日常」に寅という「(負の)非日性」を持ち込むことで、人々が本来の姿(?)を回復するというファンタジーである。
さらに、テレビの「大家族ものドキュメンタリー」のような、見下し&覗き趣味も混ざったショウでもある。
下劣で常識外れな内容・構造を持ったシナリオであるが、古い日本の町並みから得られる懐古の情、また旅情といったものが、その妙ちきりんな要素を撹拌、その結果として感動すら覚える作品を成り立たせているのだろう。

本シリーズについての講釈、解釈は、多くのマニアまた専門家が発表しているので、これ以上は触れない。

とにかく、本シリーズを未見といういう人は、是非1作目からトライしてもらいたい。きっと幸せな時間が過ごせるはずだ。

▼映画第1作『男はつらいよ』のみ、主題歌が以後の作品と異なる。 なお、49作目というのは渥美清死去後に作成された番外編みたいなものである

男はつらいよ 49巻セット+特典ディスク2枚付
男はつらいよ 49巻セット+特典ディスク2枚付 渥美清

おすすめ平均
stars日本の美徳
stars千の風になって
stars寅さんは日本の文化ですね
stars超×5おすすめ
stars人間の本質とは..

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▼マドンナとして最多登場であり、最終的に相思相愛となったといえるリリィ(浅丘ルリ子)登場の第11作 『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』。人気が高い作品の一つだ。

男はつらいよ 寅次郎忘れな草〈シリーズ第11作〉
男はつらいよ 寅次郎忘れな草〈シリーズ第11作〉 渥美清 浅丘ルリ子 倍賞千恵子

おすすめ平均
stars網走でリリーと出会うリリー3部作の第1作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

▼第42作『男はつらいよ ぼくの伯父さん』。ここから、不細工な吉岡と美女のゴクミの恋愛に比重が置かれ始める。ファンの中には、ゴクミ登場以降の作品に難色を示す声も多い。

男はつらいよ ぼくの伯父さん〈シリーズ第42作〉
男はつらいよ ぼくの伯父さん〈シリーズ第42作〉 渥美清 後藤久美子 倍賞千恵子

おすすめ平均
starsゴクミシリーズの記念すべき第一作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓簡単そうで難しい?


男はつらいよ検定2

« スティーブン・レザー『ロンドン爆破まで九日間』 | トップページ | 貴志祐介『新世界より』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

【絶対見て損なし】映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【絶対観て損なしの映画】
『男はつらいよ』シリーズ
:

« スティーブン・レザー『ロンドン爆破まで九日間』 | トップページ | 貴志祐介『新世界より』 »

カテゴリー