無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『無限回廊』 | トップページ | おすすめゲーム『ダーククラウド』『ダーククロニクル』 »

漫画版『百億の昼と千億の夜』を読んだ

先日、光瀬龍の『百億の昼と千億の夜』 を読んだわけですが、いまいちピンとこない部分があったので、萩尾望都により漫画化されたものを読んでみました。

こっちの方が良かった。
原作で、わかりにくい部分を萩尾望都が(彼女の解釈で)補完し、また一部アレンジを加えている。このあたり賛否あったんだろうが、私は大いに賛成。

とはいえ、やはり終盤はわけがわからないね(W

まあ、これはこれでいいのかな、という感じ。

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
百億の昼と千億の夜 (秋田文庫) 光瀬 龍 萩尾 望都

おすすめ平均
stars永遠なる時の果てに
starsユダに滂沱
stars会いたいって思いながら会えずにいる王へ。。
stars萩尾望都、少年誌デビューの記念的SF作品
stars文明の意味をSF的に読み解くと・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こういう作品に中学生くらいに出会ってたら、その後の読書の仕方とかいろいろ変わったんだろうなぁ~、と思う。

« 最近やったゲーム『無限回廊』 | トップページ | おすすめゲーム『ダーククラウド』『ダーククロニクル』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

○雑記」カテゴリの記事

(2008年読了)SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漫画版『百億の昼と千億の夜』を読んだ:

« 最近やったゲーム『無限回廊』 | トップページ | おすすめゲーム『ダーククラウド』『ダーククロニクル』 »

カテゴリー