無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『Kanon』 | トップページ | 五十嵐貴久『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター』 »

恒川光太郎『秋の牢獄』

表題作のほか、全3編を収録。

「秋の牢獄」は、同じ日を何度も繰り返してしまう人たちの話。作中にケン・グリムウッドの 『リプレイ』が出てくるが、まさにそんな話だ。私だったら、こうするああする、なんて考えながら読む人が多いのではないだろうか? 私も、食欲と性欲を満たすことばかり考えながら読んだ(W
オチはいまいちだった。

「神家没落」は、日本全国を定期的に移動する不思議な家を描いたもの。設定もストーリー展開も、なかなか面白い。

「幻は夜に成長する」は、霊狐の幻術という、幻を見せる術を身に付けた女性の話。これは、そこそこという感じ。本書の中では、一番残念な出来。

『夜市』 『雷の季節に終わりに』 同様、素敵な時間を過ごすことができた。

恒川ワールドが、ブレイクする日も近いかもしれない?

秋の牢獄
秋の牢獄 恒川 光太郎

おすすめ平均
stars無駄な描写がない珠玉の短編集
stars楽しめる作品
stars現世との接点を広げ始めた作品群
stars「囚われる」ことの恐怖とリアル
stars哀愁の余韻に浸れる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『Kanon』 | トップページ | 五十嵐貴久『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(た行)恒川光太郎」カテゴリの記事

(2008年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒川光太郎『秋の牢獄』:

« 最近やったゲーム『Kanon』 | トップページ | 五十嵐貴久『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター』 »

カテゴリー