無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« [訃報]チャールトン・ヘストン氏死去 | トップページ | 最近やったゲーム『サイレントヒル ゼロ』 »

バリントン・J・ベイリー『ロボットの魂』

「ロボットに魂はあるのか?」

このSFにおける永遠の主題を、ベイリーらしい味付けで描いたのが本作。

一度世界は崩壊したという設定(←崩壊後に再生された世界を描いている)、素粒子に対する「全体子」というアイデア、そして数々の哲学談義など、ベイリーならではの面白さがあった。

ところで、巻頭に謝辞として『マイク・「永遠のチャンピオン」・ムアコックに』とある。実は、本作は図書館で借りたのだが、同時にムアコックの「メルニボネの皇子」も借りた。なんというすごい偶然であろうか!マジで驚いた。

ロボットの魂 (創元SF文庫)
ロボットの魂 (創元SF文庫) バリントン・J. ベイリー Barrington J. Bayley 大森 望

おすすめ平均
stars哲学的ロボットSF
stars実は人間を描いた物語だった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« [訃報]チャールトン・ヘストン氏死去 | トップページ | 最近やったゲーム『サイレントヒル ゼロ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(は行)バリントン・J・ベイリー」カテゴリの記事

(2008年読了)SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリントン・J・ベイリー『ロボットの魂』:

« [訃報]チャールトン・ヘストン氏死去 | トップページ | 最近やったゲーム『サイレントヒル ゼロ』 »

カテゴリー