無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 五十嵐貴久『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター』 | トップページ | ゼルダ 実写版!? »

奥田英朗『真夜中のマーチ』

ヨコケン(インチキ会社社長?)、ミタゾウ(エリート会社員?)、クロチェ(謎の美女)の3人組による10億円争奪を描いたクライムノベル。

大変面白い。

奥田英朗といえば、どうしても直木賞受賞作の『空中ブランコ』(とその一連のシリーズ)が注目されがちだが、『最悪』 『邪魔』 の路線の作品の方が私は面白いと思う。

そういや『空中ブランコ』は、ドラマだけでなく、舞台にもなったそうですね。
本作は、映像化もしやすいと思う。テレビ・映画業界のプロデューサー、電通、博報堂の皆さん、本作を映像化してみてはどうですか?

真夜中のマーチ (集英社文庫)
真夜中のマーチ (集英社文庫) 奥田 英朗

おすすめ平均
stars爽快青春ストーリー
stars今日はもうとにかく癒して癒して!爽やか上等!の、本。
starsおう、女の僻みってやつよ!
stars陽気で愉快な人間たちが繰り広げるハチャメチャな事件簿!一気に読めるところが魅力か?
starsミタゾウのキャラクターがよかった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 五十嵐貴久『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター』 | トップページ | ゼルダ 実写版!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)奥田英朗」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
表示されないようなので、URLを置かせていただきます。
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-934.html

映画にもなったらしくて、ちょっと観てみたいです。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥田英朗『真夜中のマーチ』:

« 五十嵐貴久『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター』 | トップページ | ゼルダ 実写版!? »

カテゴリー