無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『サイレントヒル ゼロ』 | トップページ | 草薙厚子『僕はパパを殺すことに決めた-奈良エリート少年自宅放火事件の真実』 »

バリントン・J・ベイリー『光のロボット』

『ロボットの魂』の続編である。

前作のラストで明らかになったある事実を受け、ジャスペロダスの苦難の旅はさらに続いていた。

本作も、巻末の解説で、本書の翻訳をした大森望が書いているとおり、ゾロアスター教やロボットの宗教・秘密結社、さらには疑似科学などベイリーならではのアイデアが満載だ。

「鉱物資源を得るため、小惑星を破壊しその破片を地球上に落とした」なんて話が出てくるところには、凄い!と思った。

ただ、本作ストーリー的にはやや単調である。そのため、読了まで時間がかかった。
とはいえ、終盤はそこそこ盛り上がる。

人とロボットが戦うことになった時、ジャスペロダスは「人間の味方をするのか、同胞たるロボットの味方するのか」。このあたりも、<読みどころ>といえよう。

光のロボット
光のロボット バリントン・J. ベイリー Barrington J. Bayley 大森 望

おすすめ平均
stars悪漢小説から冒険小説へ
starsロボット工学三原則なんかくそくらえ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『サイレントヒル ゼロ』 | トップページ | 草薙厚子『僕はパパを殺すことに決めた-奈良エリート少年自宅放火事件の真実』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(は行)バリントン・J・ベイリー」カテゴリの記事

(2008年読了)SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリントン・J・ベイリー『光のロボット』:

« 最近やったゲーム『サイレントヒル ゼロ』 | トップページ | 草薙厚子『僕はパパを殺すことに決めた-奈良エリート少年自宅放火事件の真実』 »

カテゴリー