無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« バリントン・J・ベイリー『光のロボット』 | トップページ | 「世にも奇妙な物語 春の特別編」感想 »

草薙厚子『僕はパパを殺すことに決めた-奈良エリート少年自宅放火事件の真実』

2006年6月20日に奈良県で発生した自宅放火事件の謎に迫ったドキュメンタリー。
表紙には放火された家の写真、見返しには少年Y君の自筆による殺害カレンダーなるものが掲載されており、なかなか強烈だ。

・著者の取材によると、過度な暴力を伴うスパルタ教育を行った父親こそが、Y君を犯行に至らしめるまでに追い詰めたのだのだそうだ。
※この事件は発生当時、多くのメディアで実名報道された。そのため、Webで検索すれば、すぐに実名がわかる。そして、この暴力父親が徹底的に叩かれている状況が確認できる。

・Y君には「広汎性発達障害」があったという。ふ~ん。
(Y君が、逃亡中方位磁石を買ったというあたりは、なかなか面白い)

・少年の義理の母の両親というのは、人間ができているなあと思った。

ノンフィクションとしてはそこそこ頑張っていると思う。といっても、供述調書の引用だらけだけど(WWW

まあ、いいんじゃない。売れるでしょう。

※先日、本書が重大な出版倫理上の瑕疵(かし)があるとする調査報告が発表され、講談社側はそれを受け入れた。

■リンク 『講談社の出版倫理に問題 奈良放火殺人事件で』(産経ニュース 2008.4.9)

僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実
僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実 草薙 厚子

おすすめ平均
stars辛いです。
stars一体何が言いたかったの??
stars興味本位で悲劇をほじくったとしか思えません
stars人それぞれですが。
stars期待は持たずに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« バリントン・J・ベイリー『光のロボット』 | トップページ | 「世にも奇妙な物語 春の特別編」感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« バリントン・J・ベイリー『光のロボット』 | トップページ | 「世にも奇妙な物語 春の特別編」感想 »

カテゴリー