無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 続・今見ても楽しめるドラマ『過ぎし日のセレナーデ』 | トップページ | 道尾秀介『ソロモンの犬』 »

積木鏡介『歪んだ創世記』

第6回メフィスト賞受賞作。

これは、もっと評価されるべき作品かも知れない。
複数のメタ構造を持った作品だ。劇中の「時間の逆転」による論理的破綻を防ぐため「読者」が介在するというあたりは非常に面白い。

終盤あまりにもアレだったのは、ちょっと残念ではあるが、なかなかの力作、怪作だ。
多くのミステリ作家志望者が挑戦したいと思っているであろうことを、やってのけたわけだ。
文章がやや硬いのは、作者の年齢のせいか?

歪んだ創世記 (講談社ノベルス)
歪んだ創世記 (講談社ノベルス) 積木 鏡介

おすすめ平均
stars最高
starsすごいことはすごいが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 続・今見ても楽しめるドラマ『過ぎし日のセレナーデ』 | トップページ | 道尾秀介『ソロモンの犬』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積木鏡介『歪んだ創世記』:

« 続・今見ても楽しめるドラマ『過ぎし日のセレナーデ』 | トップページ | 道尾秀介『ソロモンの犬』 »

カテゴリー