無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 時雨沢恵一『アリソン』 | トップページ | 最近やったゲーム『イースDS』 »

北川歩実『僕を殺した女』

北川歩実のデビュー作である。本作は、日本推理サスペンス大賞(新潮ミステリークラブ賞)の途中で落ちたものを加筆修正されたもの。落選作品だが、新潮社が北川歩実にアプローチ。デビューとなった。

この人の作品は、読むのに時間がかかる。
とにかく徹底的に書き込まれている。また内容が複雑で常に頭を使いながら読まないとついていけない。モンハンをやっているせいもあるが、読了まで1週間もかかってしまった。

本作は目を覚ましたら、女性になっていた。また5年後になっていた。というSF的な始まり方をする。しかし、SFでも、SFミステリーでもなく、純然たるミステリーである。物語は論理的に解決する。
ただ、『金のゆりかご』 とも被る双子多重人格といったネタを使うのはどうかと……。ある意味禁じ手だと思うのだが。

僕を殺した女 (新潮文庫)
僕を殺した女 (新潮文庫) 北川 歩実

おすすめ平均
starsSF的設定を正攻法で受けて立つ心意気
stars意外、逆転、めまい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 時雨沢恵一『アリソン』 | トップページ | 最近やったゲーム『イースDS』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(か行)北川歩実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北川歩実『僕を殺した女』:

« 時雨沢恵一『アリソン』 | トップページ | 最近やったゲーム『イースDS』 »

カテゴリー