無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 五十嵐貴久『TVJ』 | トップページ | 生垣真太郎『フレームアウト』 »

黒田研二『ナナフシの恋』

登場人物は6人だけ。場所は、学校の教室のみというワンシチュエーションミステリー。きわめて演劇的だ。

というわけだが、いまいちなだぁ~。特に意外性もないし。
ラストで堺谷冬馬が携帯メールを受信して舞台から姿を消す。これは、作者が単に「ラストシーンを人物2人だけにしたかった」ためと思われる。このあたりがなんともいただけない。

ナナフシの恋~Mimetic Girl~ (講談社ノベルス クM- 7)
ナナフシの恋~Mimetic Girl~ (講談社ノベルス クM- 7) 黒田 研二

講談社 2007-12-07
売り上げランキング : 391969


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 五十嵐貴久『TVJ』 | トップページ | 生垣真太郎『フレームアウト』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒田研二『ナナフシの恋』:

« 五十嵐貴久『TVJ』 | トップページ | 生垣真太郎『フレームアウト』 »

カテゴリー