無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 積木鏡介『歪んだ創世記』 | トップページ | 今見ても楽しめるドラマ『青い鳥』 »

道尾秀介『ソロモンの犬』

道尾秀介は、どんでん返し的な仕掛けのある作品作りを心がけているのだろうか?

アンフェアではないけど、壮大な「夢オチ」的なものが、読後感をいまいち悪いものとしている。まあ、やりたかったことはわかるのだけど。

本書冒頭にある、秋内の「この中に人殺しがいるのかいないのか」というセリフは、「秋内殺害」ということにも含みを持たせていると解すべきであるが、なんとなく釈然としないものが残る。

なお、本書に出てくるある説によると、女性が好意を持つ男性に話しかけるときは声が高くなるという。それに男性が低い声で対応すると、よい結果になるんだそうだ。

ソロモンの犬
ソロモンの犬 道尾 秀介

おすすめ平均
starsソロモンの犬
stars犬。
stars上手い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 積木鏡介『歪んだ創世記』 | トップページ | 今見ても楽しめるドラマ『青い鳥』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(ま行)道尾秀介」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道尾秀介『ソロモンの犬』:

« 積木鏡介『歪んだ創世記』 | トップページ | 今見ても楽しめるドラマ『青い鳥』 »

カテゴリー