無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 五十嵐貴久『シャーロック・ホームズと賢者の石』 | トップページ | 黒田研二『ナナフシの恋』 »

五十嵐貴久『TVJ』

面白くて一気に読める。テレビ局ジャックを描いた作品だ。

テレビ局を占拠したテロリストたちは、警察との交渉を生中継させるという前代未聞の行動にでる。
そんなテロリストに対するは、他の五十嵐作品にも登場した警察メンバー、そしてフツーのOL一人。結婚適齢期を迎え焦りまくりの彼女は、先日プロポーズをされたばかりであったのだが、とんだ羽目に陥る。

なんとなく、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』をイメージしながら読んだ(観たことないけど)。

ところで、こういうテロ系のハリウッド映画でいつも思うことがある。時代による犯人の設定がもろアメリカ寄りという点。まあ、当たり前なんだけど。
敵の時代変遷は、以下のようになる。

●ナチスドイツ系(その残党含む)

●社会主義国家系(主としてソビエト)

●アラビア・イスラム系、東欧(旧CIS)、北朝鮮

●ネット活用した広域テロ組織

といった具合だ。

さて、本作の感想に戻ろう。(以下、ネタばれ含む)
残念に感じたのは、もろ『ダイ・ハード3』であった点。これは、初期の段階でバレバレだ。
大規模な陽動作戦というネタはもう使ってはいけないだろう。
あと、ブリッジが二つあるという点。このあたりの説明描写などが一切なく(たぶん)、警察もそれに気づいていないのが、腑に落ちない。
見取り図を、わざわざ巻末に収録したのは、そのためなのか?とも思うが。

とはいえ、十分に楽しめるエンタテインメント作品である。
映画化もしやすそうだ。五十嵐氏自身、それを狙って書いたのかな?

TVJ
TVJ 五十嵐 貴久

おすすめ平均
starsリアリティ? 気にしない(笑)
stars痛快!!
stars女性版「ダイハード」を書いてみました本
stars「24」好きにおすすめ?!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓祝!文庫化。

TVJ (文春文庫 い 71-1)
TVJ (文春文庫 い 71-1) 五十嵐 貴久

おすすめ平均
stars446ページもあるのにあっという間に読めます!
stars面白くない
starsテンポよくサクサクと読めます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 五十嵐貴久『シャーロック・ホームズと賢者の石』 | トップページ | 黒田研二『ナナフシの恋』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)五十嵐貴久」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十嵐貴久『TVJ』:

« 五十嵐貴久『シャーロック・ホームズと賢者の石』 | トップページ | 黒田研二『ナナフシの恋』 »

カテゴリー