無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 任天堂E3メディアカンファレンスの件 | トップページ | 秋月涼介『月長石の魔犬』 »

金城一紀『映画篇』

本作は映画にまつわる5つの中篇からなる連作集。

この人はすでに直木賞を受賞しているが、もっともっと評価されていい人材かも知れない。

いつもの作品よりも、内容も文章も重いため、読むのにやや時間がかかる。だがやはり文章もうまいと思うし、全体的にとてもよい。笑えるところもあり、ホロリとくるところもありだ。

ちなみに、金城一紀は、Wikiによると「日本国籍を持つ韓国系日本人」とある。

映画篇
映画篇 金城 一紀

おすすめ平均
stars一夏の一冊に
stars年配の人が共感してくれそう
stars湘南ダディは読みました。
stars人生における指南書。
starsすごくよい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓劇中の5作に通して登場する「ローマの休日」。実は、私は『ローマの休日』があまり好きではない。というのは、ジャーナリストが主人公というのが気に入らないのだ。『YAWARA!』もそうなのだが、ジャーナリストが「姫」といい感じになるというのは、非常に胸糞悪い構図に感じられるからである。

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版
ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 グレゴリー・ペック, オードリー・ヘプバーン, エディ・アルバート, ウィリアム・ワイラー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 任天堂E3メディアカンファレンスの件 | トップページ | 秋月涼介『月長石の魔犬』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(か行)金城一紀」カテゴリの記事

(2008年読了)一般小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金城一紀『映画篇』:

« 任天堂E3メディアカンファレンスの件 | トップページ | 秋月涼介『月長石の魔犬』 »

カテゴリー