無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 乾くるみ『塔の断章』 | トップページ | 最近やったゲーム『英雄伝説 空の軌跡3rd』 »

乾くるみ『マリオネット症候群』

ある朝、他人の人格が自分の体に入っていた(乗っ取られていた)というお話。

「人格転移もの」では、乗っ取った側視点で描かれることは多いが、本作は乗っ取られた人格の意識が語り手となっている。

途中まではなかなか面白いが、オチがちょっと残念であった。

マリオネット症候群 (徳間デュアル文庫)
マリオネット症候群 (徳間デュアル文庫)乾 くるみ

おすすめ平均
stars乾くるみさんらしい、ブラックユーモア。
starsいつもよりは軽め
starsありがちじゃないよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 乾くるみ『塔の断章』 | トップページ | 最近やったゲーム『英雄伝説 空の軌跡3rd』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2008年読了)SF」カテゴリの記事

(あ行)乾くるみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乾くるみ『マリオネット症候群』:

« 乾くるみ『塔の断章』 | トップページ | 最近やったゲーム『英雄伝説 空の軌跡3rd』 »

カテゴリー