無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 浦賀和宏『地球人類最後の事件』 | トップページ | 有川浩『図書館内乱』 »

桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』

2008年度版「このミス」2位に輝いた作品。

なかなかの力作である。書き出しの一文から引き込まれた。
こういったタイプの作品は好きなので、非常にいい時間を過ごせた。

ただ本作のミステリーとしてのネタの部分は、ちょっとバレバレだったね。
感情移入してじっくり読んでいると、みんな違和感に気づくと思う。

赤朽葉家の伝説
赤朽葉家の伝説 桜庭 一樹

おすすめ平均
starsそれぞれの時代の女性の生き様
stars長いのにちっとも厭きないとこがスゴイ
stars母娘女三代それぞれの生き方
stars他では体験しがたい不思議な世界
stars戦後から未来へ貫く烈女の系譜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 浦賀和宏『地球人類最後の事件』 | トップページ | 有川浩『図書館内乱』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(さ行)桜庭一樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』:

« 浦賀和宏『地球人類最後の事件』 | トップページ | 有川浩『図書館内乱』 »

カテゴリー