無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 秋月涼介『消えた探偵』 | トップページ | 山田正紀『女囮捜査官〈1〉触覚』 »

浅暮三文『ダブ(エ)ストン街道』

第7回メフィスト賞受賞作。
文章がすごい。文才を感じる(その分読みづらいが)。たぶん、この筆力だけでも受賞に値したのではないだろうか。

ストーリーは非常にシンプルで、失踪した恋人を探すため、主人公ケンが不思議な地「ダブ(エ)ストン」を旅するというもの。ファンタジー小説だ(寓話めいてる)。

感想としては、
序盤、期待高まる→中盤、退屈→終盤、面白い。いいかも。
という感じで、まあまあかなと。
読後感はよい。

文庫版は石田衣良の解説がつけられているが、「この手つきの軽やかさと、その陰に潜んだ上質のセンティチメントが、この小説に独特にあたたかさと読後感の爽快さを生んでいる。……(中略)……処女作だけがもつ捨て身の潔さがまずひとつ、あとは小説の神様が、この作品にひと滴(しずく)の幸運を垂らしてくれたせいではないかとぼくは思う。」とある。
私も、同感である。

ダブ(エ)ストン街道 (講談社文庫)
ダブ(エ)ストン街道 (講談社文庫) 浅暮 三文

おすすめ平均
starsおもしろい!
starsアンチメフィスト?
starsいざや彷徨
starsダブ(エ)ストン街道は人生なり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

>

« 秋月涼介『消えた探偵』 | トップページ | 山田正紀『女囮捜査官〈1〉触覚』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)その他」カテゴリの記事

(2008年読了)SF」カテゴリの記事

(2008年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

■メフィスト賞受賞作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅暮三文『ダブ(エ)ストン街道』:

« 秋月涼介『消えた探偵』 | トップページ | 山田正紀『女囮捜査官〈1〉触覚』 »

カテゴリー