無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 須原一秀『自死という生き方―覚悟して逝った哲学者』 | トップページ | 西村寿行『蒼茫の大地、滅ぶ』 »

深水黎一郎『エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ』

デビュー作とは全く異なる作風。こういう作品も書けるんだ。

結構いい作品だと思う。

キャラクター造型、感情移入のための切なさ度、ボリュームがあれば、かなりの傑作になっていたはず。

エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ (講談社ノベルス フK- 2)
エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ (講談社ノベルス フK- 2) 深水 黎一郎

おすすめ平均
stars久々の当たり作品
stars芸術と本格推理のクロスオーバー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

装丁の印象(その字面と絵柄)から、一瞬電車モノ(オリエント急行殺人事件とか)と、誤認してしまった(W

« 須原一秀『自死という生き方―覚悟して逝った哲学者』 | トップページ | 西村寿行『蒼茫の大地、滅ぶ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 須原一秀『自死という生き方―覚悟して逝った哲学者』 | トップページ | 西村寿行『蒼茫の大地、滅ぶ』 »

カテゴリー