無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 山田悠介『Fコース』 | トップページ | 最近やったゲーム
『ノスタルジオの風』 »

五十嵐貴久『誘拐』

なかなかの力作である。

本作で描かれるタイプの大掛かり犯罪は、①おお!そういうことか!②あれだけのことをやって、それかよ、の二つの感想に分かれる。
本作の場合は、やや②気味である。ただ、ラストのアレで作品全体というか、読者をある程度丸め込んでいるので、それほど批判の意見は上がらないか(ラストのアレについては、途中でなんとなく気づいちゃう人も多いかと)?
ただ、ラストのアレでいろいろと消化不良な感じにもなってくるわけですが……。
動機は語られはするけど、どうもモヤモヤな感じで……。
ああ、そうそう宅急便だけは、理解不能ですね。

面白くて一気読みしちゃうような作品なんだけど、なんだか微妙な感じでありました。

ところで、序盤、
リストラされ自殺した者の遺族が、会社に対して人殺し呼ばわりするシーンが出てくるのが、非常に不快になったなあ。あと、ユ●セフはないだろ(W

ちなみに、遠野タンが一瞬だけ出てきます。

誘拐
誘拐 五十嵐 貴久

おすすめ平均
starsひねりが弱い
stars要求は・・・
stars湘南ダディは読みました。
stars矛盾している
starsドンデン返しはイマイチだが、退屈しない面白さ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 山田悠介『Fコース』 | トップページ | 最近やったゲーム
『ノスタルジオの風』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)五十嵐貴久」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十嵐貴久『誘拐』:

» 【誘拐】 五十嵐貴久 著 [じゅずじの旦那]
リストラされた先輩が一家心中をはかった。 会社の対応、そして世の中の仕組みにいらだつ秋月、 退職したその日に声をかけられた…   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 韓国大統領来日―。歴史的な条約締結を控え、全警察力が大統領警護に集まる中、事件は起きた。少女誘拐―。 現職総理大臣の孫が誘拐された。犯人・秋月の要求が政府を混乱の渦に落とし込む。現代ならではの身代金奪取の方法も読みどころのひとつ。“ミスター・エンタ... [続きを読む]

« 山田悠介『Fコース』 | トップページ | 最近やったゲーム
『ノスタルジオの風』 »

カテゴリー