無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« このミス2009年版発売! | トップページ | 有栖川有栖『女王国の城』 »

ドラマ感想『犯人に告ぐ!』

先日、ベストセラー小説、雫井脩介『犯人に告ぐ』 のドラマ化したものが放送されました。
録画しておいたものを、先ほど見終わりました。

本ドラマの脚本は、超売れっ子福田靖。原作ものもオリジナルものも、とにかく「書けば当たる」状態。さて、あの原作をどう料理したか興味深く見ました。

特に原作の序盤部分をどう処理しているのがポイントと思っていたのですが……
いきなりクライマックスのような展開には、度肝を抜かれる!
ことはなく、わかりづらさだけを感じてしまった。

全体として大胆な省略と設定変更。逆に、原作で描かれなかったシーンを補完するなどの工夫もされている。
しかし原作を読んでいない人にわかりづらいと思う。
中盤から後半にかけての盛り上がりも一切なし。
タバコやリップクリームの小道具は効果的ではなく、逆に白々しさすら感じた。

正直、あまり出来のいいドラマではなかった。

そして、このドラマにより、原作の残念な点がより鮮明になった。

いい作品だからこそ、あえて加筆・修正をして、改訂完全版のようなものを作ってほしいなあ。

« このミス2009年版発売! | トップページ | 有栖川有栖『女王国の城』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

(さ行)雫井脩介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ感想『犯人に告ぐ!』:

« このミス2009年版発売! | トップページ | 有栖川有栖『女王国の城』 »

カテゴリー