無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム
『レイトン教授と最後の時間旅行』
| トップページ | 高橋昌一郎『理性の限界―不可能性・不確定性・不完全性』 »

筒井康隆『銀齢の果て』

アイデアや設定は面白い。というか、こういうの好き(W
ただ、ストーリーがいまいち。
単に老人同士の殺し合いがダラダラ続くだけというのは……
正直、時間の無駄であった。

※2006年の1月の刊行。比較的最近の作品である。

銀齢の果て (新潮文庫)
銀齢の果て (新潮文庫) 筒井 康隆

おすすめ平均
stars老人を殺すことは過去を殺すこと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム
『レイトン教授と最後の時間旅行』
| トップページ | 高橋昌一郎『理性の限界―不可能性・不確定性・不完全性』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(た行)その他」カテゴリの記事

(2008年読了)SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筒井康隆『銀齢の果て』:

« 最近やったゲーム
『レイトン教授と最後の時間旅行』
| トップページ | 高橋昌一郎『理性の限界―不可能性・不確定性・不完全性』 »

カテゴリー