無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『クロノ・トリガー』 | トップページ | 西尾維新『不気味で素朴な囲われた世界』 »

西尾維新『きみとぼくの壊れた世界』

西尾維新全開って感じ。
微妙に読みづらく&意味わからずで、読むのにやたらと時間がかかってしまった。
ただ、こういう部分が、中高生に受けているんだろう。
この「小難しさ+萌えエロ要素+なんとなく文学」な(破格の?)ミステリというのは、もはや西尾維新という一つのジャンルなのだろう。

感想。
私には向いていないようで、まったく楽しめなかった。
ラストあたりの謎解きのくだりはいいだけどね。
全体的にストーリーが面白くない。

それにしても、こういう西尾作品を楽しんで読めるなんて、現代の中高生は相当読解力とかレベルが高いはずなんだけど、実際どうなんだろ?
(実際、「わかって」読んでいないのか? というか、あの哲学めいた戯言の数々は理解できないよなあ普通)

※ノベルズ版の表紙は、本作の探偵役である「病院坂黒猫」のイラスト。この名前は気に入った。
※本作は、ノベルズ版で発表。その後ハードカバーでも刊行された。

きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)
きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス) 西尾 維新

おすすめ平均
stars久しぶりの戦慄、驚愕の結末。
stars初期の異色作
starsそれなり
starsなかなかディープな作品
starsなかなか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
きみとぼくの壊れた世界
きみとぼくの壊れた世界 西尾 維新

おすすめ平均
starsミステリーとしてなら星2つ、ライトノベルとしてなら星3つ
stars危うい均衡の世界

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 最近やったゲーム『クロノ・トリガー』 | トップページ | 西尾維新『不気味で素朴な囲われた世界』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)西尾維新」カテゴリの記事

(2008年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(2008年読了)ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西尾維新『きみとぼくの壊れた世界』:

« 最近やったゲーム『クロノ・トリガー』 | トップページ | 西尾維新『不気味で素朴な囲われた世界』 »

カテゴリー