無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 高田崇史『QED 百人一首の呪』 | トップページ | 読書量が減ります=更新頻度も減ることに »

飲茶『哲学的な何か、あと数学とか』

「フィルマーの定理」を中心に、数学史をわかりやすく解説したもの。
数学にかかわらず、歴史の話となるとたいてい退屈になりがちだが、この本はドラマ性を引き立ており、非常に楽しく読める。
難しい数式などは一切ないので、安心あれ。

あとこの本がいいなあ、と思ったのは、↓の写真のように、スペースが多いこと。

Sugakutoka

Webサイトの書籍化ということもあるので、そのあたりを忠実に再現したものと考えられるが、難しそうな内容だけにスペースの多さというのは読者に安心感を与える。

とにかく読むと、数学が好きになりたくなる本である。万人がサクッと読める良書といえよう。

※できれば巻末などに、年表みたいなものを入れてほしかったな。
※飲茶氏の第一弾『哲学的な何か、あと科学とか』を先に読む予定だったのだが、こちらから読むことになった。

哲学的な何か、あと数学とか
哲学的な何か、あと数学とか 飲茶

おすすめ平均
starsフェルマーという悪魔との戦史
stars感動

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 高田崇史『QED 百人一首の呪』 | トップページ | 読書量が減ります=更新頻度も減ることに »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(や行)その他」カテゴリの記事

(2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲茶『哲学的な何か、あと数学とか』:

« 高田崇史『QED 百人一首の呪』 | トップページ | 読書量が減ります=更新頻度も減ることに »

カテゴリー