無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 北山猛邦『『クロック城』殺人事件』 | トップページ | 飲茶『哲学的な何か、あと数学とか』 »

高田崇史『QED 百人一首の呪』

第9回メフィスト賞受賞作。
これはすごい。メフィスト賞受賞作の中でも、ちょっと抜けているのではないだろうか。

百人一首や日本史に関する薀蓄は、知っている人にはたいした内容と感じないかもしれない。
しかし、知らない者には、それが既存の情報の焼き直しであったとしても、なかなか面白く読める。
ただ、それなりに関心がないと、話の内容についていけない。
漢字だらけの人名や地名などが多数登場するのがつらいんだよな。
独自のアイデアと思われる百人一首に関する謎解きは、素直にすごいと思った。
ほとんど、読み流してしまったが。

(ネタバレとなるが)殺人事件の謎解きについては、「前提が覆す」という手法が、ちょっとどうかなとは思ったが、全体としては十分に面白い。
シンプルな事件ながらも、(やや前半の事情聴取シーンなどの分量が多すぎる感があるが)、様々な謎が絡みあいそれが解けた時は見事なものとなった。

百人一首の謎と、殺人事件の謎を、見事に融合しているかには、やや疑問符がつくと思う。
事件の謎を考えるため百人一首の謎を考えるのだが、中盤は話が百人一首に偏りすぎる。どうして百人一首の謎解きをすることになったんだっけ?とか思ってしまった。
まあ、百人一首の謎解きが素晴らしいからいいんだけね。

とにかく圧倒的な力量といえよう。
この作品についていけないのは、むしろ読者側の力量不足かもしれない。

QED―百人一首の呪 (講談社文庫)
QED―百人一首の呪 (講談社文庫) 高田 崇史

おすすめ平均
stars百人一首に興味をもたせるための本として悪くない。
stars圧倒的な蘊蓄の嵐 次回作も期待
stars堂々たる掟破りっぷり
starsもうちょっとあの時代のことあの時代の人々も知りたかった
stars百人一首の組み合わせではオリジナル説に負けています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

名作、高橋克彦の 『写楽殺人事件』を思い起こさせる出来。

写楽殺人事件 (講談社文庫)
写楽殺人事件 (講談社文庫) 高橋 克彦

おすすめ平均
stars写楽の正体って本当に一体誰なんでしょうね?
starsかなり強引な小説ですが
stars浮世絵勉強会
stars作者オリジナルの写楽説
stars浮世絵よもやま話満載

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 北山猛邦『『クロック城』殺人事件』 | トップページ | 飲茶『哲学的な何か、あと数学とか』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

■メフィスト賞受賞作品」カテゴリの記事

(2009年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(た行)高田崇史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高田崇史『QED 百人一首の呪』:

« 北山猛邦『『クロック城』殺人事件』 | トップページ | 飲茶『哲学的な何か、あと数学とか』 »

カテゴリー