無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 山下達郎の硝子の少年 | トップページ | 山田悠介『モニタールーム』 »

五十嵐貴久『年下の男の子』

ストーリー全体(はじめ、なか、おわり)ではなく、「なか(過程)」を中心に楽しむタイプの小説。まあ、テーマの性質上やむをえないでしょう。

ガックリくるラストがあるかと思いきや、さすが五十嵐貴久、比較的うまく処理している。
ただ、ラスト前の、当て馬的な人を登場させる展開が残念。

年下の男の子
年下の男の子 五十嵐 貴久

おすすめ平均
stars細かいところに神経の行届いた作品
stars夢のようで・・・ドラマのようで・・・
stars児島君にハマります
stars一途な想いが伝わってきた
starsコミカルな話の展開、そして心がとてもピュアになっていく・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

装丁画は結構いいかも。

« 山下達郎の硝子の少年 | トップページ | 山田悠介『モニタールーム』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)五十嵐貴久」カテゴリの記事

(2009年読了)一般小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十嵐貴久『年下の男の子』:

« 山下達郎の硝子の少年 | トップページ | 山田悠介『モニタールーム』 »

カテゴリー