無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム
『遠隔捜査 -真実への23日間-』
| トップページ | 中島望『牙の領域-フルコンタクト・ゲーム』 »

飲茶『哲学的な何か、あと科学とか』

なかなか良い。
が、
『哲学的な何か、あと数学とか』は一つのテーマをじっくりと解説していたのに対し、本書では複数のテーマを扱っている。広く浅くという感じだ。
そのため、本のまとまりを考えると、いまひとつ。
書籍化するならば、数テーマに絞りこんだほうが良かったと思う。「量子力学とか」の章みたいにね。

また、前半部分は文章がやや硬く、書籍化の際のリライトにつめの甘さを感じた。

というわけだが良書には違いない。テツガクって何?という人には是非オススメしたい。ただ、「もっと哲学的な何か」の章、特に「どこでもドア」の部分などはやや難しい。私の頭ではよくわからなかった。

哲学的な何か、あと科学とか
哲学的な何か、あと科学とか 飲茶

おすすめ平均
starsよみやすい
starsなぜ他人の概念はわかりにくいのか?
stars子供だましのレベルの論の紹介ばかりと感じました
stars哲学入門にピッタリ
starsおもしろい!文系脳には充分汗かきます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どうでもいいが、「どこでもドア」を解説するにあたり、ドラえもんのキャラを登場させている。一種のパロディだ。
パロディ、同人誌、著作権……このあたりの問題を少し考えてしまう。

もう一つ、どうでもいいが、本書の217ページ。色を使っている。本書はスミ1C刷りなのだが、ここだけ、赤い色(Mなのか、特色なのかは知らない)を使っている。こだわってるなあ~。

もう一つだけどうでもいいが、あとがきの内容は、まえがきにすべきだったと思う。

« 最近やったゲーム
『遠隔捜査 -真実への23日間-』
| トップページ | 中島望『牙の領域-フルコンタクト・ゲーム』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(や行)その他」カテゴリの記事

(2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲茶『哲学的な何か、あと科学とか』:

« 最近やったゲーム
『遠隔捜査 -真実への23日間-』
| トップページ | 中島望『牙の領域-フルコンタクト・ゲーム』 »

カテゴリー