無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« おすすめゲーム『レジェンド オブ ドラグーン』 | トップページ | 絶対観て損なしの映画
「大長編ドラえもんシリーズ」②※30代懐古厨向け »

絶対観て損なしの映画
「大長編ドラえもんシリーズ」①※30代懐古厨向け

前にも書きましたが、「ドラえもん」はノーベル賞文学賞に値するといってもよい偉大なマンガだと思っています(この表現は、そのくらいの価値があるという意味あいです)。
短編作品も優れておりますが、劇場公開用に作られた原作、そしてその映画作品も素晴らしいですね。

子供の頃、唯一見に行った映画が、ドラえもんでした。10作目くらいまで、劇場に足を運んでいた気がします。

さて、2009年3月1日現在、この大長編ドラえもんといわれるものは、全部で29作品あります。
※『ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ』やドラミちゃんを主人公としたものなどは、含んでおりません。

この29作品ですが、大きく分けて3期にわかれると思います。

●第1期
藤子・F・不二雄先生によるもの。
第1作『ドラえもん のび太の恐竜』~第18作『ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒記』。


●第2期
藤子・F・不二雄先生が亡くなり、制作に参加していないもの。
第19作『ドラえもん のび太の南海大冒険』以降。

●第3期
第26作の『ドラえもん のび太の恐竜2006』以降の、キャラクタデザイン、声優を一新した新シリーズの作品。


今回は、私を含めた30代、懐古厨(※注)向けの記事として、第1期の作品に焦点を絞ります。
※かつて330円を持って「コロコロ」を買いに行っていた人。親にねだって映画館に連れていってもらった人たち。

ただし、私、第1期後半の作品は、ほとんど見ておりません。また、この時期の作品は、藤子・F・不二雄先生がどの程度かかわっていたのかが不明です。藤子プロのスタッフが作ってたんじゃないかなあ~と勝手に思っています。
ですので、10作目くらいまでに話を絞ります。

※次回につづく
 記事が長すぎるので、複数回にわけることにしました。

« おすすめゲーム『レジェンド オブ ドラグーン』 | トップページ | 絶対観て損なしの映画
「大長編ドラえもんシリーズ」②※30代懐古厨向け »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

【絶対見て損なし】映画」カテゴリの記事

【おすすめアニメ&ゲーム】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« おすすめゲーム『レジェンド オブ ドラグーン』 | トップページ | 絶対観て損なしの映画
「大長編ドラえもんシリーズ」②※30代懐古厨向け »

カテゴリー